マテ貝の旬はいつ?砂抜きしたほうがいいの?おいしい食べ方は?

マテ貝の旬はいつ?砂抜きしたほうがいいの?おいしい食べ方は?

マテ貝は、細長い貝です。

潮干狩りで、貝殻はよく見たことがありました。

いつかとってみたいと思いつつも、なかなか実現せずにいました。

 

最近、マテ貝をお店で手に入れましたので食べてみましたが、かなりおいしかったです。

そもそもの旬はいつなんでしょうか。よくとれる「名産地」みたいなものはあるのでしょうか。

そして、砂抜きはしたほうがいいのでしょうか、それともしなくていいのでしょうか。

今回は「マテ貝」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

マテ貝は細長さが特徴の貝!旬や主な産地は?

マテ貝は、細長い長方形の貝です。

10センチから13センチくらいの大きさが一般的ではないかと思います。

もっと大きい種類のものもおり、市場で売られているようです。

今回私が買ったのは、10センチから12センチほどの、細めのものでした。

 

貝は割れやすいです。

中の身の貝柱が外れていなければ、大丈夫だと思います。

 

貝の中の身は、貝殻の大きさと同じくらいあり、歩留まりがいいです。

市場では、評価はそこそこ高いみたいで、安くはありません。

でも、高級魚介、というほどではなく、あさりと同じ感覚で買える貝です。

 

潮干狩りでは、浅く砂の表面を鋤くなどして、砂の穴の空いたところに、塩をダイレクトに注ぎ込み、マテ貝がそれにびっくりして飛び出してくるところを、手でつまんで捕獲する、という、ちょっとかわいそうな獲られ方をする貝です(´・ω・`)。

マテ貝は、砂中に、縦に潜っているのです。

 

(若干かわいそうかもしれないけど、かなり面白そうなのでやってみたいですね!(^^)/)

 

旬は、明らかではないそうです。東北より南の、日本各地で穫れるから、時期がバラバラなのです。

潮干狩りができる時期(春から初夏)には、穫れるところでは穫れるのではないかと思います。

そうすると、食べられる確率が高いのは、春のように思います。

 

近年ではだいぶ数が減ってしまい、穫れるところも減ったそうです。

昔は、東北以南の、内湾があるところではとれていましたが、少なくなりました。

市場には通年出回っているので、魚屋さんに入荷すれば買うことができます。

ただ、貝は割れやすく、輸送にはあまり向かないので、獲れた産地で消費することが多いです。

 

<スポンサーリンク>

マテ貝は砂抜きしたほうがいいのか?できればした方がいいかも!

マテ貝は砂抜きはしなくていい、ともよく聞きます。

しかし、これだけ砂の中に潜っているんだ、ということを知ってしまうと、ちょっとは砂抜きしたほうが安心かなと思います。

流水で洗うだけで食べてみて、ジャリっとするのはどうしても避けたい、という場合は、砂抜きはおすすめです。

 

マテ貝を、重ならないようにバットに並べます。

海水と同じ位の濃度の塩水を、ひたひたになる程度に入れます。

海水濃度と同じくらいの塩水は、3%くらいなので、水500mlに対し、大さじ1杯程度の塩。なめてみて、海の水に近いか確かめてください。ちょっと濃いくらいのほうが、貝はよく動いて砂を吐き出してくれます。)

 

塩水を入れた途端、貝の両側から、ニューっと身が飛び出してきます。

伸びたり縮んだりと活発に動き始めます。

この様子を見るのに抵抗がある場合は、動き出して「生きていること」が確認できれば、さっさと新聞紙をバットにかぶせてしまいましょう。

マテ貝を料理して食べる場合、「生きていること」が原則になります。

動きがあり、生きていることの確認はしといた方がいいです。

 

塩を注入して、それに反応するのを捕獲するくらいですから、塩水を注いだことによる反応にはかなり敏感で、すごく動きます。

これがちょっとグロテスクに思えるかもしれません(^_^;)。

(私は面白くてしばらく眺めてましたが…)

 

新聞紙をかぶせるのは、貝は暗くしたほうが、砂を吐くからです。

動きは最初より、だんだん収まって、おとなしくなり、ほとんど動かなくなります。

新聞紙をかぶせ、2時間くらいはおきましょう。

私は、なんだかんだで、3~4時間くらい置いてしまいましたが、食べた時、ほとんど砂はありませんでした(^^)/。

 

何かしら色々と吐き出したみたいで、水には砂のような、ゴミのような色んなものが浮かんでいます。

調理する直前に、ザルに入れ、お互いを軽くこすり合わせるなどして、貝の表面をキレイにしましょう。

 

ここまでやっておけば、冷凍保存も可能ですよ(^^)/。

ジッパー付きビニール袋などに、重ならないように並べて、できるだけ空気を抜いて冷凍庫に入れます。

料理する時は、凍ったまま使います。

 

マテ貝のおいしい食べ方は?

マテ貝は、クセを感じる、という人もいますが、基本的にはクセがなく、上品で、加熱してもそんなに身が小さくならず、万人受けする味だと思います。

私はおいしいと思います。

この貝は、酒蒸しやワイン蒸しがいちばんおいしいような気がします。

 

フライパンに並べ…。

酒を注ぎ…。

 

フタをして沸騰させ、2分くらい様子を見て、殻が180度にパッカンと開いたら、火を止めます。

あまり加熱しすぎると、身が固くなります。

 

私が食べたのは、甘味があり、上品で、クセはなく、かなりおいしかったです。

「当たり」をひいたのかもしれません。鮮度もよかったみたいです(^^)。

 

他には、あさりと同じような使い方の料理が合うと思います。

たくさんあるなら、パスタに使う(「ボンゴレ」とか)、逆に甘辛く和風に煮るのもおいしいそうですよ。

クラムチャウダーでも良さそうです。

湯がいて殻は取り、炊き込みご飯に使ってしまうのもいいかもしれません。

クセがないので、いろんな料理に使えると思います!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、潮干狩りで獲るのがとても楽しそうな、長方形の細長い貝、「マテ貝」についてお伝えしました。

クセがなく、甘味もあり、いいのに当たる(鮮度がいいものとか)と本当においしい貝です。

 

潮干狩りで、塩を注いで獲るのもすごく楽しそうですね!本人に抵抗がなければ、小さい子なんかは喜びそうです(^^)。

魚屋やスーパーで見かけたら、ぜひ買って食べてみてください(^^)/。

★関連: アオヤギ(青柳、バカガイ)は二枚貝!あまり出回らない二枚貝のアオヤギを入手!

★関連:【素朴な疑問】あさりの旬はいつ?砂抜きの方法は?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*