ヤマモリのレトルト「タイカレーイエロー」がおいしい!あまり辛くない!(レトルトタイカレー)

ヤマモリのレトルト「タイカレーイエロー」がおいしい!あまり辛くない!

(2021年8月13日更新)

タイカレーも手作りするとおいしいです。

しかし、一定の量を作らないといけないし、他の家族があまり好きではない場合は、なかなか作れないですよね。

 

タイカレーでも、レトルトでおいしいものが出回っています。

買っておけば、いつでも食べたい時に食べられるので便利です。

 

今回はヤマモリのレトルトタイカレー、「タイカレーイエロー」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ヤマモリの「タイカレーイエロー」はストックしておくとちょっと嬉しいレトルトカレー!

上品で美しいパッケージです。

タイカレーにかなりハマっていた時期には、よく買いました。

 

また最近、買うようになりました。

レッド、グリーン、イエローがあるのですが、イエローはこの3種のなかではあまり辛くないほうです。

 

こんな風に、本を本棚に並べるように、いくつかレトルトカレーやシチューを保管しています。

たくさんあると、それだけで楽しくなってしまいます。

 

実際、駅地下のスーパーで、こういう風に本棚風にレトルトカレーやシチューを売っているところがありました。

本棚に本が並んでいる様子が好きな私は、レトルトカレーが好きなこともあって、ついつい見に行ってしまいます(^o^)。

 

 

このカレーは、タイの工場で作っているそうです。

辛さの度合いは「3」とのことです。

 

グリーンやレッドはもっと辛いので、このイエローは「甘口」くらいに思っていましたが、辛さに敏感な方は、多少辛く感じるかもしれません。

 

 

このカレーには、じゃがいもや玉ねぎ、ココナッツミルクが使われています。

具にゴロゴロ感のあるカレーになっています。

 

玉ねぎ、じゃがいもを使うだけで、確かに甘くなるでしょうし、ココナッツミルクでさらにまろやかになりますよね。

 

<スポンサーリンク>

「タイカレーイエロー」はマイルドであまり辛くなく、コクがあっておいしい!!

 

箱の中のレトルトパックの色と模様がキレイです。

湯煎で温めるのがおすすめです。

 

(※2021年現在、電子レンジで温められる容器に変更になっています。

超ラクになりました(^^)。)

 

  

こうやって写真で見ると、日本の家庭で作るカレーとあまり変わらないように見えます。

 

しかし、味はしっかりとエスニック系のタイカレーです。

 

でも、マイルドでコクがあっておいしいんです(^^)。

鶏肉も大きく、じゃがいもも食感がしっかりとしていておいしいです。

 

 

インドカレーとはまた違ったスパイシーさです。

 

スープにはとろみはなく、サラサラ系です。

うまみがあり、おいしいです。

 

原材料を見ても詳しいことが書いてないので、どういう調味料で辛くなっているのかよく分かりません(^_^;)。

そもそも、手づくりする時でも「タイカレーペースト」というのを買ってきて作るので、このタイカレーの独特の辛さが何なのか、不明なままで、今まで来ました。

 

もしかしたら、青唐辛子なのかもしれない…と思って調べたら、イエローカレーの場合は、ターメリック(うこん)で黄色いんだそうです。

 

 

レッドやグリーンにくらべ、刺激的なスパイスはあまり調合されていないし、ココナッツミルクも使うので、この3種のカレーの中では、最もマイルドで甘みを感じるでしょう。

 

タイカレーをあまり食べたことなくて、しかもいきなり辛いのはちょっと…という場合の、「入門編」みたいなタイカレーなのかもしれません。

ジャガイモや鶏肉がゴロゴロ入っているところや、カレースープの色から、一般家庭で作るカレーに似ていますから、見た目からも入りやすいと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、ヤマモリの「タイカレーイエロー」についてお伝えしました。

あまり辛さのないタイカレーですが、タイ料理の独特な風味とコクと旨みが感じられる、かなりおいしいレトルトカレーです。

 

タイカレー入門編としてもおすすめのカレーですよ!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!