中村屋のレトルトのクリームシチューがクリーミーでおいしい!

中村屋のレトルトのクリームシチューがクリーミーでおいしい!

レトルトカレーよりも、圧倒的にレトルトシチューの数は少なく、ファンとしては寂しい限りです。

バリエーションは、カレーと比べると限界があるのは分かりますが、もっとあってもいいのにな、と思います。

今回は、中村屋のクリームシチューのレトルト「濃厚クリームシチューごろごろ野菜のこだわり仕立て」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

中村屋「濃厚クリームシチューごろごろ野菜のこだわり仕立て」はスーパー・コンビニで買える!

おいしいけれど、珍しすぎるものは、普通のスーパーでは買えないことも多いですよね。

特に、クリームシチューは、カレーと比べて需要も少ないと思いますので、なおさらです。

中村屋のレトルト食品のデザインは、個人的に好きです。

この、「縦書き」がいいと思っています。

 

「盛り付け例」の写真も、特に奇抜なことをするでなく、落ち着いていて、普通においしそうです。

後ろの、サラダのグリーンが、彩りの効果をアップさせています。

ホワイトシチューなのに、パッケージの基調の色が黒、というのもおしゃれです。

 

「生クリーム10%増量」とか、「北海道生クリーム仕立て」という言葉も効果的に使われて、目をひきます。

 

裏面はこんな感じです。

チキンをハーブオイルでマリネしてあるそうで、手が込んでいます。

 

中村屋「濃厚クリームシチューごろごろ野菜のこだわり仕立て」は生クリームのコクたっぷりでおいしい!

サイドにある情報は、写真の通りです。

「生クリーム」という直接的な表現はないですが、「乳等を主要原料とする食品」とか、「クリーム」とかがそれに相当するのでしょうか。

これはなんとなくなのですが、原材料名に直接「生クリーム」と記載がないからと言って、生クリームを使ってない、表書きはウソなんじゃないか?ということではないんだろうと思います。

私も不勉強なのですが、たぶん、表示する書き方には、なんか色んな決まりごとがあるんだろうなあ、と様々な加工食品の原材料欄をウオッチしていて思います。

 

さて、中身のパウチは金属類のようですので、直接電子レンジであたためては危険です。

容器にうつして、ラップして温めるのもいいですが、私は、こういうレトルトは、湯煎がいちばんいいと思います(^^)。

中までしっかりあたたまるし、レトルトの袋に中身が残ってしまう率も低いし、電子レンジで加熱しすぎて具(特に肉)が固くなることもないからです。

(カレーの場合は、いっしょに卵も茹でちゃったりできるのもいいと思います。)

 

 

あたためて、袋から皿にうつすと、脂分とか、クリーム分(?)が「分離」したみたいになってました。

なので、食べる直前によく混ぜるといいと思います。

 

味は濃厚でクリーミーです。

確かに、生クリームのコクとうまみを感じます。

 

鶏肉は、こういうものは昔は生臭さを感じることもありましたが、ハーブマリネをしているだけあって、柔らかくて食べやすく、おいしかったです。

具材のゴロゴロ感も、ボリュームがあって満足度が高まります。

マッシュルームが、ホール(まるごと)だったのに驚きました。

 

この食品でおいしいのは、やっぱりスープの部分でした。

濃厚でコクがあり、旨みがあります。

味わいも深くて、ほんとうにおいしいです。

レトルトクリームシチューとしては、かなりおいしくて、満足度が高いと思います(^^)/。

パンが合うとは思いますが、ご飯でも十分いけましたよ(^^)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、中村屋のレトルト「濃厚クリームシチューごろごろ野菜のこだわり仕立て」についてお伝えしました。

確かに、こだわりをもって作られている、レトルト食品だと思いました。

 

スーパーやコンビニにおいてありますので、もし見かけたら買って食べてみてください。

★関連:【コープデリ】レトルトのクリームシチュー「たいめいけんチキンクリームシチュー」がおいしい!!

★関連:もっと手軽においしいクリームシチューが食べたい!おすすめレトルトシチュー&お湯を注ぐだけの簡単なシチュー!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*