【かつお】「初かつお」の時期はいつ?やっぱり年に1度は食べたい!(関連:戻りがつお)

【かつお】「初かつお」の時期はいつ?やっぱり年に1度は食べたい!(関連:戻りがつお)

(2021年1月25日更新)

「初かつお」はかなりおいしいですよね。

江戸の人の大好物だったのがわかります。

 

今回は「初かつお」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「初かつお」の時期はいつ?どんなかつお?

「初かつお」初夏の時期に出回るかつおのことを言います。

「のぼり鰹」とも言います。

 

かつおは南のあたたかい海域に棲む魚ですが、回遊性です。

春になると暖流(黒潮)にのって太平洋岸を北上し、関東近海にやってきます。

 

黒潮にのって「のぼって」くるから「のぼり鰹」と呼ばれるんですね。

 

江戸の人が大枚はいたいてでも食べたがった魚です。

カツオは現代でも鰹節などの加工品が愛用される、日本人にとってはなくてはならない魚ですよね。

赤身はさっぱりとして酸味もあり、いかにも江戸っ子が好みそう…と想像します。

 

<スポンサーリンク>

個人でカツオを買ってさばくのは大変!切り身でサラダ風になっているのも鮮度がよければおいしい!

カツオは頭のそば、人間でいうと肩のあたりに固いところがあり、そこを取りのぞいてさばきます。

しかし、個人で一尾を買ってきて、さばいて食べきるのはなかなか難しいですよね(^o^;)。

私もいつかはやってみたいですが、生ゴミのこととかも考えると、スーパーで出来上がってるのを買って食べるのが一番ラクだな…と正直思います。たたきを作るのも大変ですしね。

鮮度がいいのがおいしいので、そこを見て買ってくるといいと思います。

 

私は、スーパーでサラダ風にできているのを買ってきて食べました。

当たり外れもあるのですが、初鰹の時期は、たいていはおいしいと思いますよ(^^)/。

 

できあいのタレも酸味が強くてなかなかおいしかったです。

自分で作って食べるのがおいしいかもしれないですが、気軽に、気楽に、できあいのものを食べるのもいいんじゃないかな、と思います。

赤身のあたりに艶があって鮮度が良さそうと思ったら買います。そうでもなさそうなら諦めます(^^)。

★「戻りがつお」はいつの鰹??

「戻りがつお」 は、秋頃に北から「戻って」くるカツオのことを言います。

カツオには、2回旬があるのです。

 

 

戻りがつおは脂がのっていますので、腹のほうよりも背のほうがおいしいとよく言われます。

なので、背のほうのタタキがあるといいみたいですよ。

 

でも、もちろん、腹の方もおいしいのでぜひ食べてみてください(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「初かつお」についてお伝えしました。

関東では4月下旬から5月の初夏の時期に入荷するカツオのことを「初カツオ」と呼び、

5月いっぱいは楽しめますが、それ以降の夏もよく入荷して売られています。

 

冷凍になっている、カツオのたたきもなかなかおいしいですよ。

普段苦手に感じていても、鮮度のいいものはおいしかったりするので、ピンときたら買って食べてみましょう!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*