「日清ソース焼そばカップ・チキンスープ付き」スープ付きがなんだか嬉しい!

「日清ソース焼そばカップ・チキンスープ付き」スープ付きがなんだか嬉しい!

カップ焼きそばは時々無性に食べたくなります。

何回も続けては食べられませんが、たまに食べるととてもおいしいです。

最近は、この焼きそばにスープの粉がおまけでついているものがあります。

今回は日清の「ソース焼きそばカップ・チキンスープ付き」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「日清ソース焼きそばカップ・チキンスープ付き」価格が安くてスープ付きなのはうれしい!

メーカー希望小売価格が125円というかなりお安いカップ焼きそばです。

「これがあるからやめられない!チキンコンソメスープ付き」というコピーがすごくいいです。

これ1食で焼きそばとスープが食べられるというお得感、そしてこの明るくてかわいい感じのパッケージデザインがとてもいいと思います。

意外とスーパーでは見かけません。コンビニはなおさらです。

もしあれば、100円以下で売っていたりしますので、みかけたら即買うのがおすすめです。

 

スープは「湯切りで作る」とあるので、焼きそばを茹でたお湯を活用してスープにするようです。

この合理的な感じも好きです。

 

<スポンサーリンク>

作り方はいつものカップ焼きそばと同じ!湯切りの時お湯をスープに使うのを忘れない!

作り方の文字もイラストも見やすくてわかりやすいです。

かなり親切です。

チキンスープはマグカップに湯切りのお湯を注ぐとのことです。

 

中には2つの袋が入っています。

「かやく」はあらかじめ麺とともに入っています。

袋を取り出し、あとは熱湯を注いで3分待ちます。

 

その間に、マグカップに粉を入れておきます。

思っていたよりも粉が少量でちょっと驚きました。

かなり濃縮されてるんでしょうか。

 

3分後、湯切りの際にやけどしないように気をつけながら、湯切りのお湯を注ぎます。

お湯は約150mlです。

私はスープ用の目盛りがついてるマグカップを使用しました。

 

焼きそばの粉末スープはこんな感じです。

粉なのは意外でした。

(「一平ちゃん」とかは液体ソースだったと思います。)

 

よくかき混ぜて出来上がり。

こんな感じです。

 

焼きそばはスタンダードなソース焼きそばで、キャベツなどの具も軽く入っています。

スープは「チキンスープ」味で、細かくて小さなパセリがちゃんと入っているのに感動しました。

焼きそばにはマヨネーズを時々ちょっぴりかけながら食べるとおいしかったです。

焼きそばの他に汁物、スープものを準備しなくていいのが、この焼きそばの特徴だし魅力だしメリットでしょう。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は日清の「ソース焼きそばカップ ・チキンスープ付き」についてお伝えしました。

スタンダートな味のカップ焼きそばと、チキンコンソメスープが付いているお得感に親しみやすさを感じます。

 

いくつか買って備蓄しておくのもいいかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*