アオハタ(キハタ)は白身のおいしい魚!機会があればぜひ食べてみよう!

アオハタ(キハタ)は白身のおいしい魚!機会があればぜひ食べてみよう!

キハタという魚は正式な和名は「アヲハタ」と言います。

しかし見た目の印象では、黄色が強いため「キハタ」とも呼ばれています。

(私は、「キハタ」と呼ぶ方に慣れています。)

おいしい魚なのですが、関東ではスーパーではなかなかお目にかかれません。

今回は「アヲハタ(キハタ)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

アオハタ(キハタ)は黄色の印象が強い、なかなかスーパーでは見かけない魚!

アオハタは、茶色と黄色の組み合わせの体の模様、そして目の周りも黄色、というコーディネートの、目がかわいい愛嬌のある魚です。

正式な和名はなぜか「アオハタ」なのですが、青、というイメージよりもやはり黄色の印象が強いので「キハタ」で通っているところも多いと思います。

 

魚としては価格は高いほうです。

私が見た時は体長25センチほどで、1尾1700円~1800円くらいで売られていました(もちろん魚の価格は一定ではありません)。

産地の近くなら別だと思いますが、スーパーではなかなか見かけない魚です。

なので、もし売っていたらぜひ買ってみるのがおすすめです。

 

<スポンサーリンク>

アオハタの旬はいつ?主な産地は?

アオハタが多く取れる地域は、長崎県、大分県などの九州、そして山口県から福井県へかけての山陰地方です。

昨今では関東地方での流通が多くなってきているそうです。

魚好きな人はお店でみるとつい買ってしまうと思います。

 

旬は 、晩秋の11月ごろから年を越して初夏までになります。

なので、冬の間も食べられます。

 

アオハタのおいしい食べ方は?

アオハタは、鮮度が良ければ刺し身はおいしいです。

白身魚の刺し身になります。

甘みがあり、いい味です。

 

寿司ネタになっていることもあります。

価格は高いかもしれませんが、貴重ですので記念にぜひ食べてみたいですよね。

 

 

煮魚もおいしいです。

というより、むしろ加熱調理のほうがおいしいと思います。

上の動画は前半はさばいて寿司にしてますが、かなり参考になったのは後半の、頭の部分の煮物でした。

 

カマやアラが手に入れば、上の動画のように甘辛く煮付けたり、アラ汁や吸い物にすると最高です。

頭、骨などからいいおだしが出ます。

 

皮の部分もおいしく、ゼラチン質のところはかなり甘みや旨みがあり、好きな人にはたまらないでしょう。

冬に手に入りやすい魚ですので、このおだしを活用して、味噌汁やお鍋も最高だと思います。

 

傷みやすいですし、加熱するとおいしい魚なので、普通に塩焼きもおいしいです。

白身魚なのでそもそも食べやすいところに、味がかなりいい魚ですので、多くの人がこれをおいしいと言うと思います。

だからこそ市場価格は高くなってしまうのでしょうが、1度は食べてみたい魚です。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はアオハタ(キハタ)についてお伝えしました。

高級魚ですし、スーパーにはなかなか出回りませんが、かなりおいしい魚ですので、飲食店で見かけたら1度は食べてみてください。

まちがいなくおいしいと思いますよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*