やっぱり「利尻昆布ラーメン」塩味はおいしい!(袋麺)※利尻漁業協同組合

やっぱり「利尻昆布ラーメン」塩味はおいしい!(袋麺)

利尻昆布は料亭などで使われる高級な昆布です。

その利尻昆布を使った袋入りラーメンがあります。

利尻漁業協同組合の「利尻昆布ラーメン」です。

今回は乾麺である「利尻昆布ラーメン」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「利尻昆布ラーメン」はおいしい利尻昆布を使った贅沢な味のラーメン!

袋の外側からも、麺が緑がかっているのがわかります。

かなり昆布が練り込まれているのではと思います。

このラーメンはマツコ・デラックスさんやビートたけしさんも絶賛したという評判の袋麺です。

 

価格は1袋300円。かなりいいお値段です(^_^;)。

しかし私はイトーヨーカドーのセールにてほぼ半額で入手できてしまいました…。

定価ではなかなか買えません(^o^;)。すみません。

(ちなみにこのラーメンのそばに陳列されていた某袋麺は3つ入りで298円でした)。

 

でも、実際に食べた瞬間に「これは300円するよなあ!」と納得してしまう、すばらしいお味だったのです。

 

<スポンサーリンク>

「利尻昆布ラーメン」はインスタントラーメンではない!たっぷりのお湯で茹でます!

「名称」は「干し中華めん」となっています。

写真では見づらいですが、右上の作り方のところに「即席ラーメンではありません」ときっぱり書かれています。

 

乾麺ですので、お鍋にて、できるだけ多くのお湯で茹でる必要があります。

そして、スープはお湯の量をきちんとはかり、やかん等で沸かして、どんぶりで溶くようになっています。

添付のとろろ昆布は食べる直前に入れます。

 

お箸で無理にほぐしてはいけない、と書かれていたので、茹でる5分間はできるだけ触らないようにしていました。

しかし5分後に見ると一部ほぐれきれてない箇所がありましたので、最後はやはりさっとかき混ぜて、ほぐれたかの確認は必要です。

 

どんぶりにつゆを出しました。

袋ごとお湯であたためておくとのことですが、ちょっとめんどうだったのでラードも絞り出してしまいました。

 

熱湯を注ぐとこんな感じです。

透明感のある、香りもよいスープです。

この中に、茹であげてお湯を切った麺を投入します。

 

最後に添付のとろろ昆布を載せます。

すぐに汁を吸い、とろけはじめました。

 

あえて何もトッピングしないで食べました。

 

おつゆは昆布メインの出汁だからか、見た目の割りには濃厚に感じます。

出来上がりはかなりシンプルな見た目ですが、味は濃厚で複雑です。

とろろ昆布も味が濃いです。

混ぜながら食べるとさらに昆布の旨味がスープの中に広がっていきます。

 

麺にはコシがあり、食感もとてもいいです。

よくかみながら、出てくる滋味を味わいました。

 

かなりおいしいラーメンです。

そして、お腹にもやさしいし、体にも優しそうです。

 

こういうラーメンは今まで食べたことがありませんでした。

利尻昆布が本当に麺にもスープにもふんだんに使われているのが良くわかりました。

マツコさんやタケシさんがうまい!と認めただけのことはあると思いました。

 

1袋が300円台は私にはかなりハードルの高いものでしたが、これだけ高級である利尻昆布が使われているのなら、それだけの価格はするのかな、と納得がいきました。

かなりおいしい、昆布のうまみが効いた、やさしいラーメンです。

 

残った汁には、ご飯を入れて、またはもう1回煮ておじやにしてもおいしいのでは、と思いました(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、利尻漁業協同組合の「利尻昆布ラーメン塩味」についてお伝えしました。

高級な利尻昆布を使った、昆布だしが濃厚で複雑な味になる、麺もかなりおいしいラーメンです。

 

created by Rinker
利尻漁業協同組合
¥4,280 (2020/08/15 13:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

グルメな芸能人を唸らせるだけある、食べごたえのあるラーメンです。

1度は食べてみてください(^^)/。昆布好きの方へのプレゼントやお土産にもいいかもしれませんね!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*