生の青のりは香りがよくておいしい!貴重だけど1度は食べたい!おいしい食べ方は?

生の青のりは香りがよくておいしい!貴重だけど1度は食べたい!おいしい食べ方は?

生の青のりが出回ると、春になったと思います。

青のりは、ここ数年、ますます貴重なものとなっています。

生の青のりは乾燥ものとはまた違う、ものすごく風味の良い、おいしい海藻なので年に1度は食べたくなります。

今回は生の青のりについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

生の青のりの有名な産地はどこ?旬はいつ?

こちらが、2020年5月下旬に購入した生の青のりです。

色とつやが鮮やかで、何よりも香りが非常に良かったです。

こちらは静岡県の浜名湖産とのことでした。

 

浜名湖産は、出回るのは「春先」とのことなので、だいたい3月から5月くらいまで手に入るようです。

旬も、この時期と言っていいのではないでしょうか。

高知県四万十川でも青のりが生産されていますが、時期は少し違うようです。12月から3月。)

 

東京に住む私はなかなか買うチャンスはありません。

年に1回くらい買えればいいほうですね。

 

<スポンサーリンク>

青のりと「あおさ」は違う海藻です!

「青のり」と「あおさ」は違う海藻だそうです。

一見似ていますが、青のりのほうが香りが高く品質も良いとされ、「青のり」のほうが価格がグンと上がってしまいます。

 

生の青のりのおいしい食べ方は?

 

まず、生の青のりは砂が混ざっている可能性がありますので、流水で洗い、ふきんやリードペーパーなどで水分を拭き取ります。

ザルにそのまま揚げるとのりが流れてしまうので、ザルにふきんやガーゼ、リードペーパーなどを敷いて、そこにのりを流すようにするといいと思います。

 

浜名湖の生の青のりは150gほど入っています。

生の場合は、入荷から2~3日で使い切ったほうがいいです。

(販売店では、賞味期限は2~3日で表示しているはずです。)

 

味や香りが濃厚なので、満足度はけっこう高い食材です。

なので、使い切れない場合もあるでしょう。

そういうときは、洗って水分を取ってから、ジップロックなどのビニールに入れて薄くし、冷凍保存します。

青のりは冷凍しても劣化しにくいそうですよ。

 

おいしい食べ方は、やはり味噌汁や吸い物です。

 

 

味噌汁をまず作り、アツアツの中に青のりを入れて出来上がりです。

香りが大事なので、あまり加熱しないほうがいいです。

 

即席の味噌汁に、洗った生青のりを入れても、気軽に使えて便利です。

熱湯で熱すぎる味噌汁が適度に冷めて食べやすくもなります。

薄く冷凍しておいたものは、必要分だけちぎって、味噌汁や吸い物に入れてしまってもいいですね(気になる場合はさっと流水で洗ってください)。

 

溶いた卵に入れて、卵焼きにするのもおいしいです。

味付けはお好みでいいと思いますが、だし巻きとか、白だしを使った作り方がおいしいです。

塩だけでもいけると思います。

 

少し難しいかもしれませんが、天ぷらも香りが良いのでおいしいです。

(衣にまぜて、ちくわの磯辺揚げにも。)

 

酢の物もいいです。

砂糖、みりん、醤油、酒を使って、佃煮もおいしいです。

パスタに使う人もいます。

ネットを検索すると、生の青のりに関してはかなりたくさんのレシピが出ています。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は生の青のりについてお伝えしました。

春先にこの生の青のりが出回るのを心待ちにする人も多いです。

磯の香りがたまらない、いい海藻だと思います。

 

乾燥の青のりもお好み焼きやたこ焼きなど、様々な料理に使えて便利ですよね。

生の青のりは1年のうちでも時期が限られる貴重な食材です。もし機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*