赤玉ねぎのアーリーレッドは色がキレイで料理しやすい!旬やおいしい食べ方は?

赤玉ねぎのアーリーレッドは色がキレイで料理しやすい!旬やおいしい食べ方は?

きれいな紫色の赤玉ねぎ、アーリーレッドは料理の彩りにぜひ活用したいですよね。

今回は、玉ねぎの「アーリーレッド」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

赤玉ねぎの「アーリーレッド」はどんな野菜?旬はいつ?

スーパーの野菜コーナーには、普通の茶色っぽい玉ねぎ以外にも、赤紫色の玉ねぎが置いてあるのを見かけますよね。

これが「赤たまねぎ」です。

 

「アーリーレッド」は、品種名です。

赤玉ねぎの品種名として他に有名なのは「湘南レッド」などです。

 

収穫されてしばらく経っているアーリーレッドです。

収穫されたばかりの「新玉ねぎ」の状態の時はもっと鮮やかな色です。

 

皮をむくと、こんな風に鮮やかな赤紫色が出てきます。

非常にキレイな色です。

 

関西地方や北海道でよく生産されています。

北海道が生産の半分を占めるとのことですが、「アーリーレッド」を開発したのは、静岡県浜松市の人だそうですよ。

 

旬は9月です。

(でも、私は5月ごろから新しいものが出回っているのを見ました。おいしいのは9月なのでしょうか。)

基本、年間を通じて入手できる野菜ですよ。

 

 

<スポンサーリンク>

色もキレイで甘みもあるアーリーレッドはぜひサラダや酢漬け、マリネなどで!

アーリーレッドは、普通の玉ねぎよりも、甘みや水分量が多い野菜です。

色の美しさもあり、確実にこれらを活かした、サラダ向きの野菜だと思います。

生の状態がせっかくおいしいので、加熱しないほうがいいでしょう。

 

(※あまりにもたくさんあって、食べきりたい場合は、普通に玉ねぎとして使って大丈夫です。

カレーや肉じゃがなどにもおいしいです。

普通の玉ねぎより日持ちしないそうなので、悪くなってしまう前に食べきってしまいましょう(^^)/。)

 

玉ねぎ特有の辛味や匂いが弱いです。

サラダやマリネなど、加熱しない料理にぜひ活用しましょう。

 

玉ねぎの薄切りは普通水にさらしますが、このアーリーレッドのスライスは、水にさらすのは5分以内にとどめたほうが、風味がなくならなくていいです。

それだけ、辛味があんまりない野菜なんですね。

 

アーリーレッドを甘酢漬けにしてみました。

薄くスライスして、容器に入れます。

 

お酢と砂糖を混ぜた甘酢を作り、ここに注ぎます。

私は、てきとうに、目分量でやってしまいました。

 

液はヒタヒタになる程度(全体がまんべんなく漬かる程度)で良いと思います。

味見して、お好みの甘さの甘酢にしてください。

(私は生活クラブ生協の酢と素精糖を使いました。)

 

1~2日ほどで、これくらい鮮やかな色になりました。

ほんとうにキレイなので、出来上がりを見るだけでも嬉しくなります。

 

苦味があまりない玉ねぎなので、甘酢漬けは非常に食べやすいです。

6月から8月くらいの蒸し暑い時期に、こういう酸っぱいものを作り置きしておくと、何かと便利かもしれません。

 

  

カレー屋さんによっては、こういう玉ねぎの甘酢漬けを付け合せで置いていたりしますので、カレーライスを食べる時にもとても合うと思います。

 

他には、和風に使うなら、大葉やミョウガ、生姜などと組み合わせて、カツオのタタキの付け合せにもいいですよ。

できるだけ加熱しないで、この玉ねぎの良さを味わっていただけたらと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、赤たまねぎの1種「アーリーレッド」についてお伝えしました。

加熱しない生の料理でも食べやすい、やさしい味の赤玉ねぎです。

 

もし見かけたらぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*