【六花亭】マルセイバターケーキはとてもおいしい!やさしい味がします!

【六花亭】マルセイバターケーキはとてもおいしい!やさしい味がします!

六花亭のお菓子は、どれもやさしい味がしておいしいですよね。

今回は「マルセイバターケーキ」がとてもおいしかったので、これについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

マルセイバターケーキは「マルセイバターサンド」と似ているデザイン!

「マルセイバターケーキ」は、このようなデザインです。

クリーム色に近い黄色が目をひきます。

 

よく見ると、マルセイバターのデザインが包装紙全体に広がっているのがわかります。

マルセイバターサンドと、色違いのおそろいのようなデザインになっています。

★関連: 【コープデリ】六花亭の定番!「マルセイバターサンド」は「コープデリ」でも買える!

 

この「マルセイバタ」は、北海道の開拓者であった依田勉三(よだ・べんぞう)さんが、明治時代にデザインしたものです。

この商品には、当時売られていたバターのパッケージのデザインをそのまま使っているそうです。

 

包装されたパッケージの裏面に「マルセイって?」というタイトルの解説があります。

当時のこのバターは缶入りだったのですね。

 

  

包装紙を取ると、中にもマルセイバタの缶ラベルがあります。

箱の中には5本入っています。

要冷蔵のお菓子です。(※25℃以下とのことですが、本州なら冷蔵するのが無難と思います。)

 

<スポンサーリンク>

「マルセイバターケーキ」はしっとりとして間のチョコガナッシュもおいしい、食べごたえのあるお菓子!!

個包装もきれいな黄色で、涼し気な感じすらします。

表面は光沢がなく、落ち着いた雰囲気です。

 

こうやって個包装されているのは、六花亭がよくアソートパックを出しているからでしょうし、お土産によく使われるので、やはり配りやすさも考慮されているんでしょうね。

 

袋から出しますと、こんな感じです。

プラスチックの小さなトレーに乗っかっています。

 

間にはさまっている、チョコガナッシュが、ケーキに染みている感じが非常においしそうです。

ケーキ自体は、しっとりとしています。

そして、密度が高い感じのスポンジです。

 

割ってみますと、このようになっています。

シンプルに見えますが、このケーキが中身が濃く、密度も高いしっとりとしたものになっていますので、1つでも十分食べごたえがあります。

朝の食欲の無い時の「おめざ」にも食べたい感じです。

 

かなりおいしいです。

ケーキ本体はパサパサしていません。

風味もよく、味もよく、さすが六花亭のお菓子、という感じです。

 

東京では普通のスーパーにはなかなか無いけど、全く買えないというわけでもありません!

北海道の六花亭のお菓子なので、東京ではどうしても販売が限られると思います。

しかし、生協(コープデリ)では時々カタログに載りますし、イトーヨーカドーではほぼ毎月1回くらいは北海道の物産フェアがあり、マルセイバターサンドのほうが圧倒的に多いですが、このバターケーキも時々は見かけますよ。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、六花亭の「マルセイバターケーキ」についてお伝えしました。

しっとりとしたケーキがとてもおいしく、やさしい味で食べやすい、バターの風味豊かなお菓子です。

 

もし見かけたらぜひ買って食べてみてください。

北海道のお土産には最高だと思います(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*