【果物】メスレー(メスレ)はどんな果物?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【果物】メスレー(メスレ)はどんな果物?旬はいつ?おいしい食べ方は?

メスレーという果物があります。

あまりスーパーなどでは見かけないと思います。

近所で農家さんが生産していたらそこで売っている、という感じ(「道の駅」など)か、または通販で買うか、というような果物です。

どんな果物なのでしょうか。

<スポンサーリンク>

メスレー(メスレ)とはどんな果物?旬はいつ?

メスレー(またはメスレ)は、すももの仲間です。

「日本スモモとミロバランスモモの雑種」とのことです。

直径3~4センチくらいの、かわいらしい小粒のスモモです。

 

出回る時期は6月下旬から7月上旬だと思います(東京都内)。

プラム類が始まる時期の、最初の方に現れる果物です。

 

写真のように、少し青い状態から、ぶどうのような紫色になるまで追熟していきます。

追熟したものが甘いと思いますが、他のプラム類や桃と比べると甘さはマイルドです。

酸味もあまりありません。

 

生産に力を入れているところでは、かなり甘くておいしいものも作られているようです。

通販では出るとすぐ売り切れるほどの人気だそうですよ。

 

私の場合は、近所の農家さんの畑で実っていたものをゆずってもらう形でした。

だからかわかりませんが、なんだかほっこりするような、近所の方にお庭のおすそわけを頂いたような、やさしい味を感じました。

 

<スポンサーリンク>

メスレーはジャムやワイン煮にしてもおいしい!

  

皮ごと食べてもいい果物ですが、私は皮はあまり好きではないので剥いて食べました。

皮はむきやすいです。

 

追熟を重ねれば甘みが強くなるとのことですが、私の感想としては、その甘さもマイルドに感じました。

(たまたま食べた個体の特徴だったかもしれませんが…。)

 

酸味はほとんどないです。

ただし、種のそばにいけば酸っぱくなります。

 

味そのものに特徴やインパクトがあまりない、やさしいマイルドな果物です。

でもなんだかおいしくてホッとするようなスモモです。

 

生食で食べきれないぶんは、ワイン煮にしてみました。

鍋にそのまんまのメスレー(皮もむかない←皮は残るので本当はむいてください(^o^;))を入れ、メスレーの重量の半分以上ほどのグラニュー糖を入れ、

料理用の赤ワインをヒタヒタ程度にそそぎ、煮詰めました。

(かなり気まぐれ、適当に作っております。)

 

  

こんな感じです。

ワインのコクと砂糖の甘味で、私はこちらのほうが食べやすかったです。

もともと、私は果物は加熱加工したものが好きなので、生食のほうがいい、という方ももちろんいらっしゃると思います。

 

  

プレーンヨーグルトに入れて食べました。

一見、プルーンやブルーベリーに見た目は似ていますが、味がかなりマイルドで、際立った特徴は感じませんでした。

でもおいしかったですよ(^^)/。

(私はプラムやベリー類、りんご各種は、生で食べ切れなければとりあえずジャムにしてしまいます。)

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、プラムの仲間の「メスレー(メスレ)」についてお伝えしました。

商業的には、あまりさかんに生産はされていないようです。

ネット上の情報も少ない果物です。

 

お庭に植える苗木も販売されているので、育てるお家もあるんでしょうね。

 

追熟がうまくいけば、かなり甘みの強いものになるそうです。

スモモは初夏の蒸し暑い時期に食べると元気になるので、また機会があれば食べたいと思います(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*