【果物】ポポー(ポーポー)はやさしい甘さでおいしい果物!(アケビガキ)

【果物】ポポー(ポーポー)はやさしい甘さでおいしい果物!(アケビガキ)

ポポー(ポーポー)と呼ばれる果物があります。

スーパーで売っていることはほとんどありませんが、もし見かけたら買ってみるのがおすすめの果物です。

今回は「ポポー」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ポポーは日本でも古くから知られていた果物!

果物のポポーは、北米原産の果物です。

北米の五大湖周辺のネイティブ・アメリカンに古くから親しまれてきたそうです。

 

日本には明治時代に入ってきて、戦後、庭木として普及していました。

しかしその後すたれてしまい、あまり流通もしていないので知る人ぞ知る果物となっています。

 

緑色をしていて、触った感じが固いですが、1~2日ですぐに黒ずんできます。

そして、そこはかとなく、甘い香りがしてきます。

 

アケビに似ており、中の種は柿に似ているので「アケビガキ」とも呼ばれるそうです。

確かに、アケビのような楕円の形状と、触った感じのなんとなくザラッとしているところも、アケビに似てなくもないです。

 

明治以降に日本にも入ってきており、戦後は栽培が奨励されたくらいでした。

虫がつきにくく、病気にも強いので、栽培に農薬がいらないそうです。

無農薬で栽培ができるということもあり、一般家庭の庭木として普及しました。

 

そして、私も最近まで知らなかったように、いつのまにかすたれてしまいました。

お庭にその木があるなどして、たまたま知っている人の間でしか、その存在を知られていないような果物になってしまいました。

 

これは、無農薬栽培という点は良いのですが、色がすぐに黒ずんで変わってしまうところにあるのではないでしょうか。

すぐに黒ずんでしまう果物はなかなかスーパーでは売らないでしょう。

桃やプラムなどのように、見た目がおいしそうで華やかなわけでもありません。

 

いろんな条件が重なってしまい、ついには「幻の果物」と呼ばれるまでになってしまったのでしょう。

 

<スポンサーリンク>

ポポーはねっとりとして甘くクリーミーなおいしい果物!地産マルシェなどで見かけたら買ってみましょう!

外側が黒ずんできても、傷んできているわけではないので、ちゃんと食べられます。

黒ずんで来たところの内側が、オレンジ色っぽくなり、柔らかく、味も濃厚になっていておいしいです。

 

逆に、きれいな緑色のところは、中も白っぽくて、食べるとまだ未熟な感じがします。

 

大きさや形は、個体によってまちまちです。

今回は小ぶりだったのもあり、半分に切って、スプーンですくって食べました。

 

種は大きいので、包丁で切るときに当たるかもしれません。

ところどころに、複数の固い黒い種が入っています。

 

やはり、オレンジ色になってきているところのほうが、甘くておいしいです。

「森のカスタードクリーム」「森のカスタードアップル」と言われているだけあり、見た目からは想像できない、クリーミーさと甘さがあります。

 

果実の密度は濃く、ねっとりとしているのです。

スプーンですくう様子は、固めのバニラアイスをすくうような感覚です。

 

甘くてねっとりしていますが、後味などに、クセはあまり感じられませんでした。

また、酸味よりは甘みのほうが圧倒的です。

私はかなりおいしいと思いました(^^)/。

 

すぐに黒ずんで見た目もよくなくなるので、スーパーでの販売はなかなかされなさそうですが、地産地消型の「マルシェ」みたいな市(いち)や、「道の駅」みたいな、地元農家さんが納めて販売しているようなところなら、出会えるかもしれませんね。

 

むしろ「庭木」として普及されている植物なので、できそうな場合は庭に植えて育ててしまうのも面白いかもしれません。

私も庭があればぜひ育ててみたいと思いました(^^)/。

 

「おすそ分け」をもらって食べたことがある人もいるかもしれません。

また、地域や地方によっては、ソフトクリームやアイスが作られていて、食べたことがある、という人もいます。

 

また広く普及していくといいですよね(^^)/。

 

ポポーの旬はいつ?力を入れている地域はある?

ポポーの旬は、9月から10月にかけてです。

初秋の果物なんですね。

 

この果物に力を入れている地域は、愛媛県大洲市や茨城県日立市などがあります。

 

<スポンサーリンク>

 

さいごに

今回は「ポポー」についてお伝えしました。

ネイティブ・アメリカンに親しまれ、明治時代にはすでに日本に来ていた、見た目はとてもかわいらしい、親しみやすい果物です。

何も知らないで見ると、はじめは抵抗があるかもしれませんが、1度は食べてみるのをおすすめします。

他の果物にはない、ねっとりとした甘さがクセになってしまうかもしれません(^^)。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*