【江戸東京野菜】馬込半白きゅうりがおいしい!旬はいつ?おいしい食べ方は?

【江戸東京野菜】馬込半白きゅうりがおいしい!旬はいつ?おいしい食べ方は?

「江戸東京野菜」という言葉があります。

江戸時代から昭和40年(1965年)頃まで、現在の東京で作られていた伝統野菜のことです。

今回は、その中のひとつ、「馬込半白きゅうり」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「馬込半白きゅうり」はどんなきゅうり?

馬込(まごめ)は今の東京都大田区内の地域です。

この地から発祥した、江戸東京野菜のきゅうりです。

 

(写真引用元:「TOKYO GROWN | 東京の農林水産総合サイト」より)

 

上部が緑色で、先のほうが白くなるきゅうりです。

現在のきゅうりよりも太く、両端が丸っこいです。

 

きゅうり本来の風味が強く、パリッとした食感のある食べごたえのあるきゅうりです。

さすが、昔から存在するきゅうりですよね。

 

古くからぬか漬けに使われてきました。

食べごたえのあるきゅうりのぬか漬けは、さぞかしご飯がすすんだことでしょう(^^)。

 

実は、引用させていただいた上の写真は、白い、「理想の状態」です。

実は、すぐに黄色くなってしまうなど、育成や流通がなかなか難しいそうなんです。

 

  

 

これは、私が購入した「馬込半白きゅうり」です。

黄色くなっていたり、あまり白くなってなかったりします。

でも、これでもおいしかったんですよ(^^)/。

 

 

なかなか栽培が難しく、作っている方も「チャレンジ」的な意味合いで作っておられました。

これが食べられるのは、ありがたいことなのかもしれません。

 

<スポンサーリンク>

馬込半白きゅうりの旬はいつ?おいしい食べ方は?

馬込半白きゅうりの旬は、初夏です。

5月から7月に収穫されます。

 

地産マルシェのようなイベントなどで買えるかもしれません。

私は近所の農家さんから買いました。

 

おいしい食べ方は、古くからの使い方である「ぬか漬け」、そのまま味噌をつけて食べたり、薄切りにしてサラダにと利用できます。

皮がしっかりとしているので、私は皮をピーラーで剥いて使いました。

 

下の部分だけピーラーで剥いた様子です。

もちろん、上の部分も後で剥きました。

 

みずみずしく、身はしっかりとしています。

私は、めんつゆに数時間漬けました。

 

(※個人的には「創味のつゆ」の味が好きです。)

 

ふつうのきゅうりとは少し違う、独特のしっかりとした歯ごたえで、味もよく、かなりおいしかったです。

また機会があれば食べたいと思いました。

 

油とも相性がいいです。

なので、乱切りして油炒めにしてもおいしいです。

鷹の爪の輪切りなどや七味を加えて、少々ピリッとさせて食べるとおいしそうです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、江戸東京野菜の「馬込半白きゅうり」についてお伝えしました。

歯ごたえのある、味も良くておいしい、江戸東京伝統の、希少な野菜です。

 

「半白節成」という種は売られているようです。

 

しかし、「馬込~」のほうは、普通のスーパーではなかなか出回らないと思います。

道の駅や、地産マルシェのようなところで見かけたら、ぜひ買って食べてみてください。おすすめの野菜です(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*