【野菜】枝豆の旬はいつ?おいしい茹で方と食べ方は?

【野菜】枝豆の旬はいつ?おいしい茹で方と食べ方は?

枝豆は、冷凍食品でも売られているので、年中食べられます。

しかし、生で野菜コーナーで買える時期は限られています。

せっかくなので、旬の時期にも食べたいですよね。

今回は、枝豆の旬の時期と、おいしい食べ方についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

枝豆は何の豆でしょう?「枝豆」の語源は?

枝豆は、緑色のさやに入っていますよね。

じつは、枝豆は、成熟していない段階の豆なのです。

 

これが完熟すると、大豆になります。

枝豆は、大豆になる豆なのです。

 

分類上、大豆は豆類ですが、枝豆は野菜類になるそうですよ。

 

 

上の写真のように、枝付きのまま販売されていることもあります。

最近の枝豆は、この枝から取って、袋詰めして売られていることがほとんどです。

 

しかし、そもそもは、このように枝付きのまま茹でて、食べていたのです。

だから、「枝豆」と呼ばれるようになったのです。

 

江戸時代では、町中で枝豆を枝ごと茹でて売っている「枝豆売り」がいたそうです。

江戸っ子は歩きながら、枝豆をはずして食べ歩いていたそうですよ。

今で言う「ファーストフード」ですよね。風情があります(^^)。

 

<スポンサーリンク>

枝豆の旬はいつ?主な産地は?

枝付き枝豆は、旬の時期でないと手に入りません。

また、生の枝豆も、年中手に入るわけではありません。

居酒屋の突き出しで真冬も出るような時は、ほぼ冷凍ものと考えていいと思います。

 

枝豆の最もおいしい時期である「旬」は、7月から8月です。

この時期に出回る枝豆はほんとうにおいしいです。

 

枝豆は、5月ころから出回り始め、7月と8月でピークを迎え、10月ごろまでは収穫があります。

寒い時期は枝豆はできないので、生のものは手に入らなくなります。

 

枝豆は、日本全国各地でよく生産されています。

(ちなみに、平成22年は千葉県がトップだったそうです。)

 

東京でも、地元の農家がよく作っているのを見かけます。

埼玉県でも多く作られているので、私は近所では入間産のものをよく見かけますよ。

 

 

枝豆のおいしい茹で方は?他においしい食べ方はある?

枝豆は、基本は茹でて食べます。

 

 

おいしい茹で方は以下の通りです。

 

●生の枝豆を水洗いします。水切りします。

●あら塩をかなり多めにかけ、まんべんなく行き渡るように、軽くもみ込むようにして、枝豆全体にまぶします。

20分、おきます。

 

●お湯を沸騰させ、塩がついたまま、枝豆をそのまま熱湯に投入します。

※お湯に、塩を入れる必要はありません。

5分茹でます。

 

●すぐに冷水に移します。流水で粗熱を取ります。

●冷めたら、よく水を切り、あら塩をまぶしていただきます。

 

20分と、長めに放置しますので、枝豆の両脇をハサミで切る手間は必要ないと思います。

大胆に塩をまぶしておくことで、枝豆にしっかりと塩味がつきます。

できるだけおいしい塩をお使いください。

 

 

この茹で方を教えてもらってから、枝豆を食べるのがすごく楽しみになってしまいました。

かなりおいしく出来上がります。

できるだけ新鮮な枝豆と、ミネラル豊富な塩を使ってくださいね。

 

沖縄の塩メーカー「青い海」の塩などがおすすめです。

 

 

枝豆は、いろんなレシピが存在しますが、私は「ペペロンチーノ」もおいしいと思います。

 

●上記の方法で茹でた枝豆を準備します。

●オリーブオイルを多めにフライパンに入れ、刻んだにんにくをじっくり熱し、香りを出します。

●輪切りにした鷹の爪(赤唐辛子)を入れます。

●そこに枝豆をさやごと投入し、さっと炒めます。

●最後に塩を少々入れ、全体になじませて出来上がりです。

 

辛さは、鷹の爪の量で調整してください。

鷹の爪をあまり刻まないか、まるごと入れるようにすれば、食べるときに取り除きやすいです。

鷹の爪が無い時は、七味唐辛子でもいいと思います。

 

 

七味唐辛子を使う時は、オリーブオイルとにんにくと塩だけで枝豆を調理して、最後に振りかけるだけで大丈夫です。

これもなかなかおいしかったですよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「枝豆」についてお伝えしました。

今は日本だけでなく、世界中でもよく食べられているそうですね。

created by Rinker
¥297 (2020/10/22 03:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

(↑海外の枝豆についての本のようです)

おいしくてヘルシーですもんね。

 

新鮮でおいしい枝豆を見つけたら、ぜひ旬の時期ならではの枝豆のおいしさを味わってください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*