【冷凍パスタ】日清 「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」がおいしい!

【冷凍パスタ】日清 「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」がおいしい!

名古屋出身の人が「あんかけスパゲッティ」はおいしいよ、とよく言うので気になっていました。

しかし全く食べたことのない身からは、全く想像がつかず、なんとなくそのままになっていました。

東京にいても、そういうお店に出会わずに来てしまいました。

 

そして、ある日、イトーヨーカドーで冷凍食品に出会いました。

これは食べてみよう!と思い、購入しました。

今回は日清の冷凍食品「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

日清「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」は昭和の老舗喫茶店を思わせるデザイン!

最近の冷凍食品のパスタ類のデザインは、ドンドン変化しています。

「洗練」とでもいいますか…。

 

しかし、このパッケージは令和的ではなく、かなり「昭和」のままを保っています。

「老舗感」がすごく出ています。

ここが、逆に売り場で他のパスタ類と雰囲気において一線が画されていて、目立っていました。

 

「あんかけスパゲッティ」の冷凍食品というのもなかなか無いので、この点でも、なにか目新しいものを探している人には目につくと思います。

私は、これは初めて見るのに、すごく懐かしさを感じました。

ナポリタンやピザトーストなどを出している、昭和の喫茶店を思い浮かべるからでしょう。

 

「ヨコイ」とは、名古屋に1960年代に開業したレストランで、ここの「あんかけスパゲッティ」が評判となり、今に至ります。

「あんかけ」という日本のレシピと「スパゲッティ」という洋風なものの合体は名古屋ならではのように思います。

 

<スポンサーリンク>

日清「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」は温めに少々お時間がかかる!

  

冷凍パスタの温めは、500wでだいたい5分から6分です。

しかしこれは「あんかけ」という水分が多い具材・ソース使用だからか、7分半という驚異の長さです。

 

これは、レンチンモノとしては結構長い時間です。

お腹がすいてこれを食べるときには、時間に余裕を持ってあたためたほうがいいです。

 

「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」は独特のおいしさ!また食べたい!!

待ちに待った7分半がすぎました。

やっぱり長いですね(^o^;)。

 

フラッシュありと無しで撮影しましたが、このケッチャップともデミグラスソースともとれない、独特のソースの色と香りがかなり興味をそそられます。

 

麺はかなり太いです。

こういう太麺を食べたことがありません。

 

それもそのはずで、この太麺は、このメニューの開発者が指定した太さだそうです。

2.1ミリはすごいです。(お店では2.2ミリみたいです。)

 

もっちりとした食感の太めの麺に、独特の味のソースがかかり、「ナポリタン」を思わせる、玉ねぎやピーマン、人参の食感のいい野菜類と赤ウインナーのスライスは、このメニューを食べたことの無い人間には、懐かしさと新しさを感じてとても興味深い経験です。

 

この料理全体に辛味は多少ありますが、お好みでどうぞという、別添の黒胡椒はやはりかけてよかったです。

味に変化があります。

 

とてもおいしいと思いました。

あんかけも、思ったほどとろみはなく、ちょっとスープスパに似たような感覚で食べられました。

他のどんなパスタにもない独自性だらけのメニューだと思います。

また食べたいです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、日清の冷凍食品「ヨコイの元祖あんかけスパゲッティ」についてお伝えしました。

独特なおいしさの、やみつきになってしまいそうな、私にとっては不思議なパスタです。

 

日清の商品ではありませんが、ヨコイも独自で通販をしています。

ギフトにもなっているなんて、かなり愛されているんですね(^^)。

 

日清の冷凍食品のほうは、スーパーで売られています。

もし見かけたらぜひ食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*