メイチダイ(目一鯛)はかなりおいしい魚!見つけたらラッキーです!!

メイチダイ(目一鯛)はかなりおいしい魚!見つけたらラッキーです!!

メイチダイ、という魚がいます。

一般のスーパーやお店にはなかなか出回らない、珍しい魚です。

今回は「メイチダイ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

メイチダイは目元に特徴のあるレアな高級魚!

目がギョロッとしている、目元に特徴のある魚です。

メイチとは「目」「一」で、目を横切るように、1本の黒い帯が通っているので、この名前がつけられたと言われています。

 

お店に入ってきた時点とかでは、それが消えてしまっています。

幼魚の時や小型の大きさ、釣れたての活魚の時にその帯は目立つようです。

成魚になると消える、と言われています。

 

他にも、この魚には目に特徴があります。

それは、目に独特の油が存在していて、目を潰したりすると独特の、カルキのような匂いがする、というのです。

しかし、頭を煮てしまえばあまり気にならず、むしろおいしい、という人もいます。

私がたまたま食べたものは、カルキ臭はわかりませんでした。

 

大きさは40センチほどになります。

「鯛」と名前に付いていますが、この魚はスズキ目フエフキダイ科の魚です。

スズキ系の、フエフキダイの仲間なんですね。

 

漁獲量はあまりなく、非常に珍しい魚と言えます。

一般のお店では見かけることはほとんどないでしょう。

市場では、真鯛よりも高級とされています。

 

もしお店や、料理店で見かけたら、ぜひ記念としてでも食べてみるのがおすすめの魚なんですよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

メイチダイの旬はいつ?主にどんなところで獲れる?

メイチダイの旬は、夏です。

夏から秋がおいしいとされています。

 

旬をすぎると、そんなにおいしくない、という人もおり、できるだけ夏場に食べられるといいですね。

また、出回る確率が高いのも、夏から秋になります。

 

神奈川県の相模湾では、夏場によく獲れるそうです。

他には、三重県や長崎県、大分県、鹿児島県などです。

温かい海にいる魚です。

 

夏場は、鯛やヒラメなど、白身魚がなかなか出回らない時期です。

そこでこのメイチダイは夏場に、白身魚の王様として君臨します。

真鯛を超える値段で取引されたりします。

ノドグロやキンキ、クエなどと同じくらいのキロ単価になるそうですよ。

 

釣りでも釣れる魚で、釣りをしている人には知られている魚です。

 

メイチダイはぜひ刺身で!他には塩焼きでもかなりおいしい!

この魚は、捌くと身がすべて白い、真っ白な身なので、驚いてしまいます。

サクにすると、鯛のような赤い模様もないのです。

 

身は、透明感があり、とにかく真っ白です。

皮をひいても、上の写真のような白い薄皮が残る感じです。

 

刺身がとにもかくにも美味しい魚です。

 

真っ白な身ですが、脂はのっています。

(写真の奥のほうの刺身は「マツダイ」の刺身です。)

うま味が強く、甘みがあります。

 

歯ごたえは独特です。

身質はねっとりとしており、お寿司にも合う魚です。

寿司店にもしあったらかなりお高いとは思いますが…。

 

とにかくおいしい白身魚です。機会があればぜひ食べてみましょう!!

 

これだけおいしい白身なので、もちろん塩焼きでもおいしいです。

火を通すと、ふわふわとしています。味も良いです。

 

アラからもいい出汁が出ます。

潮汁やお味噌汁も、濃厚な味わいとなり、かなりおいしいです。

目のあたりに少々クセがあるのかもしれませんが、ここまでレアなら逆に試してみたいくらいですね(^^)/。

 

ムニエルやポワレなど、洋風でもおいしいです。

フライもおいしい!と聞きました。

 

いろいろな料理で試してみたいですが、レアなお魚なので、とりあえず食べられるだけでもラッキーかもしれませんね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、珍しい高級魚「メイチダイ」についてお伝えしました。

1匹おそらく2000円台から3000円はする、高級魚となっています。

スーパーでは手に入らないかもしれませんが、旅先やお出かけ先で、扱っている料理屋さんなどあれば、ぜひ記念に食べてみるのをおすすめします(^^)/。確実においしいですよ。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*