【ぶどう】サニードルチェは甘酸っぱくて皮まで食べられるおいしいぶどう!!旬や産地は?

【ぶどう】サニードルチェは甘酸っぱくて皮まで食べられるおいしいぶどう!!旬や産地は?

9月に入ると、いろんなぶどうが出回るので毎年楽しみです。

今回は、甘酸っぱくて皮まで食べられる、おいしいぶどう「サニードルチェ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ぶどうの「サニードルチェ」はこんなぶどうです!

 

私が2020年9月上旬に買った「サニードルチェ」です。

ネットで調べるともっと色が濃いようですが、

私が買ったものは、こういう風に、マスカットかと思うくらい緑の部分が多かったです。

 

一部、グラデーションのように紫がかってきています。

太陽の光が当たると、そこがもっと紫になっていくようです。

根元は、緑っぽいまんまになります。

 

 

「バラディ」と「ルビー・オクヤマ」という品種の掛け合わせです。

最初に作られたのは山梨県の果樹試験場だそうです。

 

サニードルチェの主な産地や名前に込められた意味は?

山梨県が最初に作られたところであり、現在も主な産地は山梨県になります。

しかし、この品種は特に制限はないらしく、他の地域でも若干作られています。

現在、メインで生産されているのは山梨県が実情のようです。

 

 

「サニードルチェ」という名前には、

「太陽の恵みをたくさん受けた甘美なぶどう」という意味がこめられています。

「ドルチェ」はイタリア語で甘い、とか、お菓子の意味なので、

非常にスイートなイメージがわく名前です。

 

サニードルチェは甘酸っぱくてかなりおいしい!皮は食べられる!

サニードルチェ は、皮に歯ごたえがあります。

歯ごたえはありますが、口に残ったり気になるようなものではなく、シャキシャキとして、飲み込めてしまう(食べられてしまう)、非常に食べやすいものだと思います。

 

 

果肉は、ぶよぶよした感じではなく、しっかりとしています。

なので、ナイフで切ってもピシッと引き締まったタイプの果肉です。

歯でかんでも、崩れることはありません。

 

食べた瞬間、爽やかな香りと、甘さと酸っぱさがやってきます。

甘酸っぱさがとてもいいです。味もいいです。

 

そして、サクサクとした歯ごたえで、皮ごと食べられ、種もない。

とても食べやすくておいしいです。

 

爽やかな甘さが印象に残りました。

私はこの味は好きです。

この爽やかな香りは「青りんご」に例えられています。

 

 

私が食べたものは、収穫から少し時間が経っていました。

なので、若干しぼみ気味の粒もありました。

 

それでも甘さはすごくて、酸味とのバランスがよく、歯ごたえがよくてかなりおいしいぶどう、という印象が残りました。

また食べたい!と思いました(^^)。

 

サニードルチェの旬はいつ?

サニードルチェの旬は、9月いっぱい、といえるのではないでしょうか。

早くて8月下旬から見かけはじめます。

遅いところで10月上旬には終わってしまいます。

要するに、よく売られている、旬の時期は9月いっぱい、ということになると思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、ぶどうの「サニードルチェ」についてお伝えしました。

甘酸っぱい、青りんごのようなぶどう、だと思いました。

とてもおいしかったです。

 

かなりおすすめのぶどうだと思います。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*