芽吹き屋「十五夜だんご」がおいしい!毎年恒例のおいしい和菓子!(生活クラブなど)

芽吹き屋「十五夜だんご」がおいしい!毎年恒例のおいしい和菓子!(生活クラブなど)

2020年の「十五夜」「中秋の名月」は、10月1日(木)でした。

10月に入ってからだったんですね。

 

旧暦の十五夜は、8月の真ん中15日ごろです。

現在の新暦では、「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を十五夜としています。

 

この時期に「十五夜だんご」が世間で売られます。

今回は芽吹き屋の「十五夜だんご」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

芽吹き屋「十五夜だんご」は年に1度だけのおいしい冷凍食品のお団子!

冷凍和菓子のメーカー、「芽吹き屋」さんの十五夜だんごです。

私は、毎年「生活クラブ生協」で買っていて、いつも楽しみにしている冷凍和菓子です。

 

季節の行事食になりますので、販売は年に1度です。

賞味期限自体は長くて、確か、次の年の夏くらいまではもつようです。

 

芽吹き屋さんは、岩手県の和菓子生産者です。

生活クラブでは、このメーカーのお菓子をよく扱っています。

大福系のものが私は好きです。

 

パッケージは、月で餅つきをしている金色のうさぎと、オレンジを背景にしたススキのデザインです。

すっきりしていて上品です。

 

<スポンサーリンク>

芽吹き屋「十五夜だんご」は国産原材料を使った、もっちりとして優しい味のお団子!

このお団子は、冷凍庫で保存します。

食べたい時は、25度ほどの室温であれば、常温で2時間程度で食べられるようになります。

いったん解凍したら、できるだけ早く食べたほうがいいです。固くなってしまいます。

 

お団子は、12個、トレーに並べられています。

それをお皿に移し、お好みで添付のきなこをつけながら食べるスタイルです。

 

お団子を割ってみました。

おいしそうなあんこが入っています。

親指と人差指でつまんで、一口でラクにパクッと食べられるくらいの大きさです。

 

マイナス40度の超低温で凍らせているそうです。

だからなのか、解凍して食べても、かなりフレッシュな感じがします。

 

材料は、国産うるち米を製粉したもの(上新粉/米粉)です。

コシのある生地に仕上がり、ここもおすすめポイントです。

 

あんは、北海道小豆の「つぶあん」です。

甘すぎず、とてもおいしいあんこです。

 

きなこも国産大豆が原料です。

団子の生地、あんこの小豆、きなこの大豆は国産になります。

 

やはり、せっかくきなこが付いているのですから、わたしはきなこをつけて食べるのが好きです。

何も付けないでもおいしいですが、きなこをつけたほうが味わいがあっておいしいです。

 

小さくてかわいいお団子です。

そんなに華やかなお菓子ではないですが、

例年の美しい月が見られる時期の行事食として、風流な、上品なお菓子だと思います。

また来年もぜひ食べたいです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、芽吹き屋の「十五夜団子」についてお伝えしました。

私は生活クラブ生協で買っていますが、他でも販売しているようです。

 

もし食べて見たい方は、ぜひ検索して、買いやすいところから購入していただければと思います。

上品でおいしいお団子ですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*