マルちゃん「炭火焼仕立てのあごだしうどん」つゆがあっさりとしておいしい!!

マルちゃん「炭火焼仕立てのあごだしうどん」つゆがあっさりとしておいしい!!

2020年10月19日に、マルちゃんから新しいカップうどんが新発売になりました。

それが「炭火焼仕立てのあごだしうどん」です。

今回はこのカップうどんについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

マルちゃん「炭火焼仕立てのあごだしうどん」は新発売のカップうどん!

この「あごだしうどん」は、マルちゃんの商品でも、今までになかった「新発売」のものになります。

少なくとも関東では「あごだし」をメインにしたカップうどんはあまりなかったようです。

 

「あご」とは、トビウオのことです。

九州では、トビウオのことを「あご」と呼ぶんですよね。

あごの煮干しでとったダシを「あごだし」と言います。

 

このうどんでは「炭火で焼いた」とまで書いてありますので、ダシに香ばしさがあることを表しています。

 

パッケージのメインの色も濃紺であり、深くて広い海をダイナミックに飛んでいるトビウオのイメージが伝わってきます。

模様に「青海波」も使われていて、ますます大海原の印象が強くなります。

 

 

この昭和感がまだある感じの文字が、私はとても好きです。

ほっこり、安心してしまいます。

 

<スポンサーリンク>

マルちゃん「炭火焼仕立てのあごだしうどん」はあっさりしているけどダシの味をしっかりと感じる!

内容はあっさりとシンプルです。

麺にいくつかのかまぼことタマゴ、かやくと粉末スープの袋。

この2つの袋は、熱湯を注ぐ前に入れてしまいます。

「後入れ」はないので、やっぱりラクです。

 

気になるこの丸い「つみれ」だんごは、「味付け鶏肉だんご」だそうです。

ネギも入っています。

 

粉末の感じが、魚を粉砕したものが入っているように見えます。

「粉末焼あご」とのことです。

 

イワシが原料である、煮干しを粉にしたものが、こういう見た目です。

やはり、「赤いきつね」の粉末スープとは違っています。

 

熱湯を注いで5分。

煮干しのダシを使うとあることですが、やはり泡がたっています。

そして、容器の周りに、粉砕されたあごの粉末と思われるものがくっついています。

 

香りは、「炭火焼」ということだけあり、香ばしい香りがします。

あごだしの、独特な香りもします。

つゆには透明感があります。

 

油っこくもなさそうだし、脂もなさそうです。

「お揚げ」もないので、若干具材の面でさみしいです。

 

麺は「赤いきつね」と同じものだそうです。

いつもと変わらない、「カップうどん」らしい、うす平べったい麺です。

個人的には、麺が全く変わってしまった「どん兵衛」よりも、

インスタントカップうどんの昔ながらのスタイルを変えないまま、おいしく進化している、マルちゃんのうどんの麺が好きです。

 

あっさりとしていますが、後味にあごだしのしっかりとしたうまさが来て、飽きないですし、嫌味もないです。

麺はいつも通りおいしいです(^^)。

 

つみれだんごが、味がけっこう濃厚で、熱湯で薄くなっていることもなく、ジューシーでうま味がありました。

油揚げがないので、唯一のごちそう感のある具材です。

 

あっさりとしたつゆの中に、炭火焼のあごの香ばしさとコク、昆布も入っているので、そのうま味がきいています。

具材が少ないので、物足りなさを感じるかもしれませんが、ダシを楽しむカップうどんなのかな、と思います。

量的に、価格が高いと思うかもしれません(買うところによっては190円くらいする)。

 

人によっては「これなら”赤いきつね”でいいのでは?」と思うかもしれません(^o^;)。

 

私は、ダシがあっさりとして香ばしさもあり、うま味もあって、

総合的に「うすくち」のつゆでありながら、複雑な味わいで、面白いしおいしいと思いました。

 

コスパを考えると、冬の間は、赤いきつねを3回食べて、この「あごだし」を1回食べるかな、という個人的感想です(^^)/。

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はマルちゃん「炭火焼仕立てのあごだしうどん」についてお伝えしました。

総合的には「うすくち」のつゆのうどんです。

焼いたあごでとったダシと、昆布のうま味がある、複雑な味のつゆのうどんだと思います。

 

期間限定のメニューでは無いようです。

私は、ダシはおいしいと思ったので、この冬はリピートしようと思っています(^^)/。

よかったら食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*