「庄内茶豆」はおいしい枝豆!機会があったら食べてみよう!!

「庄内茶豆」はおいしい枝豆!機会があったら食べてみよう!!

「枝豆」の一種で、山形県庄内地方で作られている「庄内茶豆」という枝豆があります。

これが風味が良くてかなりおいしいのです。

今回は「庄内茶豆」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「庄内茶豆」は山形県庄内地方で作られている伝統野菜!

「庄内茶豆」は枝豆の一種です。

「茶豆」は、サヤの産毛や外皮が茶色みを帯びています。

この茶色味の色合いから「茶豆」と呼ばれています。

 

その中でも、山形県庄内地方で、伝統的に栽培されている在来品種が「庄内茶豆」になります。

 

量が普通の枝豆よりも多くは作られていないからか、一般の枝豆よりも若干高めの値段で売られています。

 

甘みと豊かな香りがあり、風味がとてもよいです。

あまりにもおいしくて、茹でるとどんどん食べられてしまいます。

普通でもおいしい枝豆の、さらに上をいく枝豆だ、と私は思います(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

「庄内茶豆」の旬はいつ?

庄内茶豆は、7月から9月末くらいまで出荷され売られています。

他の枝豆と同様「鮮度が命」の野菜だそうです。

 

庄内茶豆は、他の枝豆と同じように、真夏が旬、となります。

 

庄内茶豆のおいしい茹で方は?

おいしく枝豆を茹でる方法にはいろいろあると思いますが、

今回は、私が知人から教わった方法をお伝えします。

 

茶豆ぜんたいに、塩をまぶし、しばらく置きます。

私は20分くらい置きます。

 

  

ふっとうした湯に、塩がついたまま入れ、5分ほど茹でます。

豆に塩をつけてあるので、お湯には塩を入れなくていいです。

 

5分ほど茹でたらすぐに冷水にあげ、粗熱を取り冷まします。

 

冷めたら、また改めて塩をまぶします。

塩の量はお好みで調節してください。

私は夏の間はしょっぱいほうがいいので、写真も多めになっております。

 

味は濃厚で、とにかく風味がよく、この風味だけで幸せな気分になります。

とてもおいしいです。

 

新鮮な普通の枝豆もかなりおいしいですが、さらにそれを上回るおいしさです。

お値段のことも考えるとやはり「ちょっとぜいたくな」枝豆だと思います。

 

でも、せっかく食べるんだったら、と思う人が多いのか、かなり人気の枝豆です。

普通の枝豆より100円から200円くらい高い印象ですが、私も年に1回くらいは買ってしまいます。

 

風味と甘味とコクがすばらしく、「あとひき」でたくさん食べてしまいます。

後でお腹がパンパンになってしまいますので、食べすぎに今後は注意したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、山形県庄内地方で生産されている「庄内茶豆」についてお伝えしました。

年に1度は食べたい、かなりおいしい枝豆です。

ぜひ1度は食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*