【魚】チカメキントキはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:キントキダイ)

【魚】チカメキントキはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:キントキダイ)

(2021年7月11日更新)

関東ではなかなか見かけない「チカメキントキ」という魚がいます。

赤い魚で、刺し身や焼き魚でおいしい魚なんですよ。

今回は「チカメキントキ」についてお伝えします。

(※この記事ははじめは「キントキダイ」だと思い書いていました。

しかし、どうも私が出会ったのは「チカメキントキ」のようでしたので、訂正して書き直しておりますm(_ _)m。2021年7月)

<スポンサーリンク>

チカメキントキはどんな魚?

一見、キンメダイに似ていますが、違う魚です。

 

鯛の仲間ではありません。

スズキ系スズキ亜目キントキダイ科の魚です。

 

大きな目と立派な受け口の姿が印象的です。

 

「キントキダイ」には仲間が複数あり、同定も難しいと私は感じます。

キントキダイ科の総称としても、「キントキダイ」の名前は使われます。

 

上のツイートは文章は「キントキダイ」ですが、写真には「チカメキントキ」と書かれた札があります。

 

今回私が出会ったこの魚も、お店では「キントキダイ」とされていました。

しかしいろいろ調べてみますと、「チカメキントキ」ではないかと思いましたので、「チカメキントキ」でこの文章を書いています。

 

全体的な色合いは赤です。

 

古くなってくると白っぽくなります。

 

キントキダイの名前にある「キントキ」は、坂田金時の「金時」です。

 

Yoshitoshi - 100 Aspects of the Moon - 87

 

幼名が金太郎である、怪力の坂田金時は、体が赤く表現されています。

歌舞伎でも紅色の鮮やかな衣装であり(『怪童丸』)、この色を連想して、この魚に名付けています。

 

「金時豆」も赤いですから、「金時」という言葉自体が「赤」を指しているんですよね。

 

<スポンサーリンク>

チカメキントキの旬は?主な産地は?

チカメキントキの旬は、秋から冬です。

 

私がこの魚に出会えたのは確かに秋でしたが、ふたたび初夏にも出会っています。

この魚じたいに出会えるのはなかなか無いので、入手できるときに食べてみるのをおすすめします。

 

主な産地は東京都小笠原などです。

九州地方からも東京へ入荷します。

九州産のものも多いような気がします。

 

チカメキントキのおいしい食べ方は?

味はとてもいい魚です。

高級魚の扱いなのがわかります。

 

鮮度がいいと、食感は固めです。

コリコリに近い感じの、おいしい刺身ができます。

 

脂の乗りもいいです。

 

 

甘みがあり、旨みもあります。

今回私が食べた個体には、ほのかに「苦み」も感じましたが、ほとんど気になりませんでした。

 

関東ではさほど高値がつかないそうです。

とてもおいしかったので、また見かけたらぜひ買って食べてみたいと思います。

 

他には、塩焼きがおすすめです。

 

小さい個体なら、まるごと唐揚げにしてしまうのもいいです。

(こういうところは「キンキ」に似ているような気がします。)

 

甘辛く煮付けるのもいいと思います。

ただし、皮は固いです。

キンメダイのように、皮ごと食べるというのは難しいでしょう。

 

逆に皮とウロコを活かした、「唐揚げ」の手法も見かけました。

細かいウロコのついた皮を揚げて、ごちそうにしてしまうことも可能だそうですよ!

 

味にクセがなく、旨みもある魚なので、使いやすい魚ではないでしょうか。

もっとたくさん流通するといいですね(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「チカメキントキ」についてお伝えしました。

あまり関東には入ってこないので、次に出会えたらまた必ず買おうと思います。

 

味はよく、食べやすくおいしい魚だと思います。

機会があればぜひ食べてみてください!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!