【魚】ヤガラはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(アカヤガラ)

【魚】ヤガラはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(アカヤガラ)

(2020年12月20日更新)

ヤガラという魚がいます。

とってもながーい体をしています。

字は「矢柄」と書きます。

どんな魚なんでしょうか。

今回は魚の「ヤガラ(アカヤガラ)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「ヤガラ」としてよく売られているのは「アカヤガラ」!

魚の「ヤガラ」といえば、アカヤガラとアオヤガラが代表的だと思いますが、

今回はアカヤガラについてお伝えします。

お店でよく見かけるのはアカヤガラのほうが多いと思います。

 

アカヤガラは通称「ヤガラ」で通っています。

もう1種の「アオヤガラ」とは違う種になります。

 

上の写真は小さいほうです。これでも1mくらいあり、かなり長いです。

大きくなるともっと胴回りが太くなり、2mくらいになり、価格も高くなります。

 

料理屋、寿司屋でも使われますから、高級食材です。

かなり細長く、頭部で体長の3分の1になり、ここはほとんど食べられないので、歩留まりが悪いこともあります。

 

<スポンサーリンク>

アカヤガラはどこに生息している?主な産地は?

ヤガラ(アカヤガラ)は、北海道から九州、沖縄まで、日本の海では広くに分布しています。

世界的には、暖かい海域に生息すると考えられています。

 

食用でメインに流通しているのはこのアカヤガラですが、

主な産地は九州をはじめ、西日本が多いです。

私は関西から入荷したものを買いました。

 

アカヤガラ(ヤガラ)は口のながーい魚!!

ヤガラは、顔が長い魚です。

顔というよりは、口が長いんですね。

掃除機の細めの吸込口のアダプターみたいな口をしています。

 

この口で岩などのせまい隙間にいる小魚や甲殻類を吸い込みます。

なので、この細い口や胃から、細かい魚がまるごと出てきたりします。

咀嚼はしないようです。

ほんとに、掃除機みたいで面白いです(^^)/。

 

頭から細長い胴体を経て、しっぽのほうは、1本なにか長いものが出ています。

アンテナやワイヤーみたいです。

 

ほんとに、1度見たら忘れられない風貌をしている、ユニークな魚です。

 

ヤガラ(アカヤガラ)のおいしい食べ方は?

(上の写真:長い魚仲間のタチウオと一緒に)

 

ヤガラは、関東では伝統的に椀物、汁物で利用されてきました。

なので、ぶつ切りにして、鍋物にすると、見た目よりも味が濃厚で、脂がのっており、甘みも感じられて非常においしいです。

お吸い物にも最適です。

 

刺身もかなりおいしくておすすめです。

 

食べられるところを刺身用のサクに仕上げると、ほんとに可食部がすくないなあ(^_^;)と思う魚です。

 

  

白身の上品な身質をしています。

コチに近いような感じがします。

 

  

できるだけ薄造りにして、2~3枚いっぺんに食べるのが良さそうですが、

私は普通にスライスしてしまいました。

 

味はカワハギに近い、かなり旨みのあるおいしい刺身でした。

身はねっとりとしています。

上品な味ながら、旨みが凝縮された感じです。

 

あの独特な、掃除機のホースみたいな風貌から、こんな味は想像できませんでした。

 

ホウボウやコチ、カワハギに近い感じのおいしさでした。

 

  

加熱して食べてみたいと思い、残りを塩を振ってソテーにしてみました。

かなり淡白な、魚のソテーになりました。

 

旨みはありますが、上品すぎて、油を使ったソテーでもおいしいのですが、少々もったいない気がしました。

やはり、鍋物、汁物、刺身がいいのかな、といった感想です。

 

 

このツイートによりますと、フランス料理シェフもスープで使うんだとか…。

ホウボウみたいに、ブイヤベースでもきっとおいしいんでしょうね!!

スープをとる場合は、中身をきれいに掃除すれば、頭部からもいいダシがとれるはずですよ(^^)/。

 

アカヤガラ(ヤガラ)の旬はいつ?

(※↑上の銀色の長い魚はタチウオです。下の茶色い長い魚がアカヤガラです。)

 

ヤガラの旬は、秋から冬とされていますが、年間を通じて味に大きな変化はなく、おいしいです。

一般のスーパーではまず出回りませんから、どこかで出会えたらその時に買ってみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「アカヤガラ(ヤガラ)」についてお伝えしました。

初めてみるとぎょっとしますが、味はかなり上品で、昔から割烹料理で使われてきたほどの高級魚です。

見かけたらぜひ買って食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!