【明治】銀座キーマカリー(レトルト)がおいしい!!

【明治】銀座キーマカリー(レトルト)がおいしい!!

おいしいレトルトカレーが、今はたくさんありますよね。

いくつかストックしておくと、便利でらくちんです。

今回は明治の「銀座キーマカリー」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

明治「銀座キーマカリー」の辛さは「中辛」のみ!

このレトルトカレーは、あちこちで売られているのを見ます。

かなり売れているみたいですね(^^)。

価格は、特売なら税抜198円で売られているのをよく見ます。

 

辛さは「中辛」のみのようです。

箱には「チキン・ポーク・ビーフ」と書かれてますので、これらのミックスのひき肉が使われているということですね。

昭和初期のモダンな印象のパッケージですが、バックの黄色が鮮やかで、かなり目をひきます。

 

製造所を見てすこしびっくりしました。

レトルトのタイカレーで有名な「ヤマモリ」です。

ここと提携してるんですね!

★関連:ヤマモリの「タイカレーグリーン」がおいしい!(レトルトタイカレー)

 

明治の「銀座カリー」シリーズは、昭和5年に発売された「キンケイ・ギンザカレー」というカレーの素の復刻版、ということだそうです。

ドミグラスソースをベースとした英国風カリーを再現しています。

 

「銀座カリー」シリーズは、もうずいぶん長く展開されています。

2019年で25周年を迎えたというロングセラーです。

 

2017年に、カレー業界では、レトルトカレー市場(461億円)がカレールー市場(456億円)を超えてしまいました。

レトルトカレーが百花繚乱しているのも頷けます。

そんな激戦状態の中、「銀座カリー」シリーズが25年以上も人気であり続けるのはすごいですよね。

 

<スポンサーリンク>

「銀座キーマカリー」は湯煎であたためます!パッケージは「銀座いろは歌留多」!

パッケージはアルミのパウチです。

これは湯煎で温めないといけません。

電子レンジであたためたい場合は、お皿にうつし、ラップをかけてあたためます。

 

パウチのデザインは「銀座いろは歌留多」だそうです。

公式ページでは、すべてのこのカルタをみることができます。

 

「銀座カリー」を食べるたび、いろんなカルタが見られるということですね。

 

お皿に出すと、こんな感じです。

かなり煮込んでいそうな、内容が濃厚そうな、おいしそうな見た目です。

香りもいいです。

 

味は、辛さの中にも甘みがあります。

それは、こだわりのブイヨンや、お肉そのものの甘み、玉ねぎなどの甘みがにじみ出ているからでしょう。

旨みや甘みを感じた後、辛さは後からやってくる感じです。

そんなに辛くないと思います。

 

ひき肉は粒が大きく、食べごたえがあります。

ルーが濃厚ですし、ひき肉カレーの特徴として、ご飯多めがおいしいです。

ご飯をたくさん炊いておきましょう(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は明治「銀座キーマカリー」(レトルト)についてお伝えしました。

味が濃厚でコクがあり、旨みと甘みがおいしく、あとからスパイシーな辛さがやってくる、複雑な味のおいしいキーマカレーです。

 

25年以上のロングセラーです。

おいしくて食べやすいシリーズなので、備蓄食品としておいておくのもいいと思いますよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*