【魚】ウメイロはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(オキタカベ)

【魚】ウメイロはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(オキタカベ)

「ウメイロ」という名前の魚がいます。

一見アオダイのように見えますが、体の色合いが微妙に違うので違う魚と気付きます。

 

とてもおいしい、かわいい魚なんですよ。

今回は「ウメイロ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ウメイロはどんな魚?

こちらが「ウメイロ」です。

体の上のほうに、黄色っぽい帯があるのが特徴です。

背中からお尻にかけて、という感じでしょうか。

 

アオダイに一見似ているのですが、この黄色っぽい帯で見分けることができます。

ここが、梅の実の色に似ていることから、「ウメイロ」と名付けられました。

 

また、タカベがよく取れる神津島、神奈川県三崎地域では、タカベに似ているからか、「沖タカベ」と呼んでいます。

なので、「沖タカベ」と呼ぶ人もいます。

 

 

スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属ですので、やはりアオダイの仲間になります。

アオダイかウメイロなのかは、体色でまず見分けることが多いかと思います。

どちらも、青がとてもキレイな魚ですが、ウメイロはさらに背から尾びれにかけての「梅色」が美しいです。

 

体長は40センチくらいです。

熱帯、亜熱帯に生息する、暖かい海にいる魚です。

 

<スポンサーリンク>

「ウメイロ」の主な産地は?旬はいつ?

ウメイロは、暖かい海域に生息する魚です。

なので日本国内では、東京の島しょ部、鹿児島県、和歌山県などが主な産地です。

伊豆諸島や小笠原諸島でも獲れますので、東京には入ってきます。

 

味が良いことで知られており、また出回る数も少ないので、高級魚となっていますが、

1尾あたり1000円程度で買えることもあります。

 

 

旬は、春から夏です。

しかし、旬ではない時期でも味は良いので、通年安定しておいしい魚です。

こういうところも、高級魚として珍重されるゆえんかもしれません。

 

ウメイロのおいしい食べ方は?

  

ウメイロは、やはり刺身がおいしいです。

鮮度がよければぜひお刺身で食べてください。

 

ウロコはそこそこあります。

ウロコかきで、ザクザクと取れます。

 

3枚におろし、腹骨と中骨を取った状態です。

白身のおいしそうなサクになりました。

 

  

フラッシュを当てたり当てなかったりで撮影してみました。

白身魚なんですが、少しピンクがかっていました。

 

味は、やはりとてもおいしいです。

食べた瞬間、甘みが感じられます。

ねっとりとした身質で、食感がいいです。

 

上品な味、淡白な味ですが、うまみもしっかりあります。

美味しすぎて、ついパクパクと食べてしまいました。

 

「焼く」などの加熱調理もおいしいです。

塩焼き、ポワレ、ソテー、アクアパッツァ、バター焼きなどなど…。

フライもいいでしょうね。

 

  

切り身はこんな感じです。

フラッシュある無しでは、写真が色味が変わるので両方掲載しました。

 

赤みと白身のバランスが美しく、身も締まっています。

でも、加熱してもそんなに固くならないし、パサつかないんですよ。

 

魚そのものの味がみたかったので、塩だけふりかけて、フライパンに油をしいて焼きました。

ウメイロは、皮目もおいしいので、刺身でも焼霜や皮霜にするといいそうですが、

皮の風味はたしかにおいしかったです。

 

ソテーなら、骨以外は全部おいしく食べられる、という感じでした。

旨みがあり、おいしい白身魚です。

 

脂がのってれば、煮付けもおいしいそうですよ。

 

1匹まるごと買いましたので、最後に残ったアラでアラ汁を作りました。

アラには塩を振っておき、熱湯にくぐらせてから、血合いや内蔵の残り、頭にくっついているウロコなどを流水で洗い流します。

 

鍋に入れ、水から煮出します。

 

私はあまり煮込まないほうだと思います。10分くらいでやめてしまいます。

 

  

味噌を溶き、ネギなど適当に入れて完成です。

アラからあまりダシが出なさそうだな…と思う魚のアラの場合は、私は顆粒だしなど足しますが、

ウメイロはそんなにいらなかったです。

これはお好みだし、個体差もあると思いますので、お好みで調整してください。

 

アラ汁はかなりおいしかったです。

残っていた身もおいしくいただきました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「ウメイロ」(オキタカベ)についてお伝えしました。

見た目は非常にかわいらしく、美しく、そして美味な魚です。

お出かけ先などで見かけたらぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*