【魚】クロダイはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(チヌ)

【魚】クロダイはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(チヌ)

クロダイは、その名の通り、黒っぽい鯛です。

マダイより比較的安くておいしい魚なんですよ。

今回は「クロダイ」(チヌ)についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

クロダイでは関西から西では「チヌ」とも呼ばれている魚!!

クロダイは「黒鯛」と書きます。

その名の通り、黒い鯛です。

 

スズキ目スズキ亜目タイ科クロダイ属の魚です。

「~タイ」と名付けられていてもタイの仲間ではない魚が多い中、

これはれっきとしたタイの仲間になります。

 

 

標準和名は「クロダイ」ですが、西日本、特に関西や四国では「チヌ」と呼ばれることが多いです。

この呼び方はけっこう有名で、東京でも通じることがあります。

 

昔、大阪湾は「茅渟の海」(ちぬのうみ)と呼ばれ、そこでたくさん穫れる、代表する魚だったので、「チヌ」と呼ばれるようになったと言われています。

 

「チヌ」の名付けの由来のように、西日本や瀬戸内海で特に食べられている魚です。

東日本よりも西日本でさかんに利用されています。

 

また釣りのターゲットにもなっています。

淡水にも居ることが可能で、川を登ることがあり、「川鯛(カワダイ)」と呼ばれることもあります。

 

雑食性で、スイカすら食べるので、「スイカで黒鯛を釣る」などということが可能らしいです。

 

50センチくらいまで成長します。

しっかりとした黒色から、銀色の強い黒色まで、棲んでいるところなどによって微妙に色が違うようです。

 

 

若魚だと、横縞(人間から見ると縦縞とも言える)が目立ち、大きくなるとそれが薄れてきます。

 

<スポンサーリンク>

クロダイ(チヌ)の主な産地は?

クロダイは、北海道南部から日本列島各地に生息しています。(奄美大島以南にはいません。)

漁獲の多い地域(主な産地)は、広島県や愛媛県の瀬戸内海、兵庫県(大阪湾)や愛知県です。

 

上の項でもお伝えした通り、圧倒的に西日本で消費されているようです。

しかし、近年はたくさん穫れるみたいで、価格も安く、関東でもお店でよく見かける魚です。

 

養殖もしているところがあるそうです。

数が多いことと、色の関係もあるのか、マダイより価格が安いです。

 

マダイとクロダイは、形も味も似ているように思います。

「白鳥の湖」の白鳥がマダイなら、黒鳥はクロダイだな、なんていつも思います(^^)。

 

クロダイを不祝儀(お葬式など)のお供えに使う地域があります。

マダイを祝儀や神事に使うのとやはり真逆になっています。

 

クロダイの旬はいつ?

クロダイの旬は、秋から春です。

特に、晩秋から冬の間によく見かけますし、おいしいです。

しかし、年間を通じて流通はあります。

 

クロダイのおいしい食べ方は?

クロダイは、マダイと同じく、刺身がおいしいです。

 

  

旬ですと、サクにすると血合いの色もよく、身も詰まっている感じがして、みるからに美味しそうだと思います。

 

  

 

お好みの厚さで、どんなふうに切ってもおいしいのではないかと思います。

 

マダイと遜色のないおいしさです。

万人受けする味だと思います。

甘みがあり、弾力のある食感です。

旨みもあり、おいしいです。

 

手間をかけられるならば、昆布締めもおいしいと思います。

 

クロダイは、加熱してもあまり固くならず、パサパサになったりしません。

また皮と身の間にも旨みがあり、皮目をパリッと焼き上げるような料理がおいしいと思います。

 

塩焼き、バター焼き、片栗粉を漬けて揚げて調味する「あんかけ」もおいしいですよ。

アラはマダイと同じく、いい出汁が出ます。

味噌汁や潮汁にしましょう。

 

ご飯に炊き込んでもおいしいらしいです。

皮の色目が気になるかもですが、皮を引いてカットして炊き込むといいのかもしれません。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「クロダイ」(チヌ)についてお伝えしました。

マダイより安く、味はマダイ並においしい魚だと思います。

 

created by Rinker
フェバリット(Favorite)
¥449 (2021/10/16 18:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!