【野菜】ブロッコリーの旬はいつ?主な産地は?おいしい食べ方は?

【野菜】ブロッコリーの旬はいつ?主な産地は?おいしい食べ方は?

年中、どこでも見かけるブロッコリーですが、

野菜ですのでやはり旬があるはずですよね。

今回はブロッコリーについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ブロッコリーの原産地はイタリアの地中海沿岸!!

ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の野菜です。

青汁の原料で有名な「ケール」が祖先になります。

真ん中の、モコモコとした「花芽」を食べる野菜です。

 

ブロッコリーは、やはり日本原産ではありません。

ローマ時代から普通に食べられていた記録があると言われる、地中海沿岸が原産です。

 

そのイタリアからアメリカに渡ったのが19世紀です。

日本には、明治時代にカリフラワーとともに入って来ました。

 

カリフラワーのほうが、地中海沿岸の原産種に近いそうです。

ブロッコリーは、カリフラワーの変種であるとされています。

 

<スポンサーリンク>

ブロッコリーの主な産地は?

日本国内での、ブロッコリーの主な産地は、北海道、愛知県、埼玉県、香川県などです。

特に、北海道、愛知県、埼玉県は、国内トップ3となっており、この3地域でいつもトップ争いになっているそうですよ。

 

ブロッコリーそのものは、北海道から沖縄まで、全国各地で広く生産されています。

 

ブロッコリーは、一般には夏に種をまき、晩秋から春先にかけて収穫されます。

寒い地方では、初夏に種をまき、秋に収穫するという、できるだけ暖かい時に作っているようです。

 

ブロッコリーの旬はいつ?

ブロッコリーは、国内では収穫時期がずれて生産されていますので、通年、安定して流通しています。

 

しかし、最も美味しい時期は、11月から3月です。

そもそもは、ブロッコリーは冬野菜なんですね。

 

輸入物も多く入ってきているそうです。

 

ブロッコリーの選び方やおいしい食べ方は?

ブロッコリーは、つぼみが小さく、粒ぞろいなものを選びましょう。

キュッと締まっている、「詰まっている」感のあるものがいいでしょう。

 

ブロッコリーの茎のいちばん下を見て、鮮度を感じるキレイなものがいいと思います。

全体的に濃い緑色のものがいいです。

 

ブロッコリーは茹でてから使います。

 

水がふっとうしたら、塩(水の量に対し2%の塩の量です)を入れ、適当に切り分けたブロッコリーを入れて茹でます。

固さを串やフォークを刺して見ながら茹でましょう。

触ったり、食べてみてもいいです。

自分にちょうどいい固さを探っていくと、だんだん慣れてきます。

 

標準的な湯で時間は、小さいもので2分、大きいもので3分くらいです。

 

茹で上がったブロッコリーを冷水に入れて冷ます、という方法がメジャーみたいですが、

若干固めに茹でて、ざるにあげて、自然に冷ますほうが、うまみも逃げず、水っぽくならず、おいしいのではないかと思います。

 

食べきれない場合は、キッチンペーパーを入れたフタ付き容器に入れて、冷蔵庫で保管します。

消費に2日以上かかる場合は、冷凍してしまうといいでしょう。

 

炒めもの、パスタの具、シチューのトッピング、お弁当の付け合せ…などなど、利用の幅は広いですよね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ブロッコリー」についてお伝えしました。

日本人にはかなり馴染み深い野菜ですが、地中海沿岸が原産とは意外な感じもしました。

旬の時期は味がいいので、ついつい食べてしまう野菜でもあります(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!