【果物】キウイの旬はいつ?日本国内の主な産地は?

【果物】キウイの旬はいつ?日本国内の主な産地は?

今回は日本ではすっかりおなじみの果物、

「キウイ」についてお伝えします(^^)/。

<スポンサーリンク>

キウイはどんな果物?原産地はなんと中国!!

キウイはマタタビ科マタタビ属の果物です。

原産地は意外にも中国の揚子江沿岸です。

 

原産地中国では「ビトウコウ」という名前でした。

「猿に似た果実」の意味です。

 

20世紀初頭に中国からニュージーランドにこれを持ち帰った人物がおり、

栽培をはじめ、改良を続けました。

ニュージーランドの風土に合い、しだいに本国のものよりいいものができるようになったそうです。

 

形がニュージーランドの国鳥「キウイ」に似ていることから「キウイフルーツ」と呼ばれるようになったのは、1950年代です。

 

日本には昭和40年代に入ってきました。

なので、日本にとっては、昭和時代からの付き合いになります。

日本での栽培は、昭和48年、石川県からだそうですよ。

 

<スポンサーリンク>

キウイの国内での主な産地は?

キウイは、輸入ものもたくさん出回っています。

圧倒的にニュージーランドからの輸入が多いです。

 

日本国内では、九州から東北まで各地で広く作られています。

東京都内でも、栽培農家を見かけます。

 

主な産地は、愛媛県、福岡県、和歌山県、神奈川県などです。

 

品種もいろいろ開発されています。

「プリンスレッド」など中が赤い品種や、「ゴールデン」など中が黄色いもの、

「レインボー」など中がカラフルになっているものなど様々です。

 

国内産キウイの旬はいつ?

まず輸入ものが多くあり、国内では九州から東北まで広い範囲で作られている果物ですので、

通年安定して流通しています。

 

キウイは、きゅうりのように、スーパーに行けばいつでも買えるもの、というイメージがあります。

季節感をなかなか感じにくいかもしれません。

 

日本国内での収穫時期は秋から冬です。

 

洋梨と同じく、「追熟」が必要な果物です。

収穫してしばらく経ってから出荷されます。

 

なので、食べごろとしては、収穫時期と、それが終わってから1ヶ月ほど後になります。

国産ですと、10月から3月くらいまでです。

 

日本への輸入の9割を締めるニュージーランドは南半球にあり、季節が逆になりますから、

日本産のキウイが終わったころに、ニュージーランド産が出回るようになります。

 

ニュージーランド産キウイの旬は4月から9月です。

このおかげで、日本国内では通年生のキウイが手に入るわけですね。

 

created by Rinker
蔵王高原農園∞ZAO HIGHLAND FARM∞蔵王高原農園
¥2,576 (2021/04/14 13:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

フルーツソースも多く作られています。

生食だけでなく、お菓子やヨーグルトといっしょに…などなど様々な使われ方をしてますよね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は馴染みの深いくだもの「キウイ」についてお伝えしました。

「キウイフルーツ」と呼ぶべきものかもしれませんが、日本では「キウイ」と呼ぶほうが圧倒的なので、

ここでは「キウイ」とさせていただきました。

 

 

固さもそれぞれ好みがありますよね。

縦に持って、人差し指と親指で柔らかさを確認するといいそうですよ。

腹の部分を押すと果実が傷んでしまうので気をつけましょう(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*