【魚】オニカサゴはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(イズカサゴ)

【魚】オニカサゴはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(イズカサゴ)

(2021年1月10日更新)

カサゴの仲間に「オニカサゴ」という魚がいます。

ギザギザしたヒレ、ゴツゴツした顔立ちや姿をしているからだと思います。

 

昔から煮付けでおいしい魚とされてきました。

今回は「オニカサゴ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「オニカサゴ」は何種かのカサゴの総称で流通することがあります!

いくつかのカサゴをまとめて「オニカサゴ」と呼ぶことがあります。

 

私が買ったカサゴ(上の写真)は、どうも「イズカサゴ」のようです。

神奈川県をはじめ、関東ではこのイズカサゴを「オニカサゴ」と呼んでいるそうです。

 

お店で「オニカサゴ」と総称されて売られていることが多いです。

それぞれが本当は何カサゴなのかは、もっとカサゴ類に詳しくならないといけません(^_^;)。

 

なので、ここではスーパーや魚屋で「オニカサゴ」と称されて売られている魚についてお伝えします。

 

オニカサゴは、暖かい海に生息しています。

伊豆諸島や、西日本の太平洋側で多く獲れます。

 

私が買った「オニカサゴ」は長崎産でした。

 

産地として有名なところはあまりありません。

漁獲がかなり少ないからです。

 

釣りのターゲットになっており、釣って自分で調理して食べる人が多い魚です。

なので家族や友人に釣り好きな人がいたら、けっこう知っている、という場合が多いです。

私もそのくちです。

 

<スポンサーリンク>

「オニカサゴ」の旬は?

オニカサゴの旬ははっきりしていません。

オニカサゴやイズカサゴは、通年おいしいと言われています。

 

なかなか漁獲が無い魚です。

入手できて、鮮度がよければいつでもおいしいのではないでしょうか。

 

(※「イズカサゴ」については、秋から冬が特においしいです。でも他の季節もおいしいですよ。)

 

 

「オニカサゴ」のおいしい食べ方は?

オニカサゴなど、カサゴ類は煮付けがいちばんおすすめです。

頭が大きい魚なので、頭を落としてしまうと、ちょっともったいないです。

頭にもある身はおいしいので、ぜひまるごと調理しましょう。

 

  

しょうゆ多めで煮ました。

酒・しょうゆ・みりん・砂糖など、目分量でこれくらいかな、という感じで入れています。

 

砂糖やみりんなど、甘み多めで味付けするといいと思いますよ(^^)/。

 

頭の部分も、目の裏や、頬など、プリッとしておいしいところがあります。

そこを探しながら味わうのが楽しいです。

 

身質は引き締まっていますが、固かったりパサパサしているわけではありません。

プリッとした感じです。

旨みもあり、かなりおいしい煮魚になります。

 

皮のところもおいしいです。

食べ終わって残った骨に熱湯を注ぐ「骨湯」もやってみるとなかなか乙なものですよ。

 

他には、あまりにも小さい個体なら唐揚げなどもおすすめです。

 

活け締めで鮮度がよければ刺身もいいそうです。

いつか食べてみたいです。

 

この魚はトゲが刺さるととても痛いです。

先にヒレやエラをキッチンバサミで切ってしまうと安心ですよ。

created by Rinker
下村工業(Shimomura Kougyou)
¥2,180 (2021/04/14 11:50:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

見た目とは裏腹に、白身の非常に上品な味の魚です。

流通する時は高級魚になります。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「オニカサゴ」についてお伝えしました。

白身の上品な旨みと味の、とてもおいしい魚です。

トゲには十分気をつけて調理してください。

 

なかなか見かけない魚です。

出会ったらぜひ買って食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*