大関「肉吸いの素」!関西風のお肉と豆腐のお吸い物ができる!!

大関「肉吸いの素」!関西風のお肉と豆腐のお吸い物ができる!!

関西風のうどんのお出汁は、見た目は薄いですが、ダシが効いていて旨みもありおいしいです。

これの、うどんを抜いて、ダシに肉や豆腐を入れて楽しむ「肉吸い」というものがあるそうです。

 

関東ではなかなか食べられない料理ですが、スーパーでその”素”を見つけました。

今回は大関「肉吸いの素」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

大関「肉吸いの素」は肉うどんの「うどん無し」で楽しむ料理!!

鰹や昆布だしの効いた、薄いつゆの中に、牛肉や豆腐などを入れて温めるだけです。

 

肉うどんの「うどん無し」というのは、料理の内容や味のイメージがわきやすく、面白いです。

関西風の肉うどんが好きなら、食べてみたくなると思います。

 

つゆが個包装に入り、3食分入っています。

価格は、スーパーで税抜128円でした。

 

こういう商品は、関東のスーパーではなかなかお目にかかれません。

今回買うことができたのも、年末のお餅やうどんを売っているコーナーで、特別に販売されたから、のようでした。

 

<スポンサーリンク>

大関「肉吸いの素」は出汁や調味が本格的!

「肉吸い」という料理は、大阪発祥で、関西名物だそうです。

 

「肉うどん」のうどんを抜いたもの、という発想が柔軟で、ほんとうに食べたいものを食べたい、という正直な気持ちから生まれたメニューだと感じられ、いいなと思います。

 

出汁は、たしかな技術で抽出され、牛肉の旨みと酒粕のコクが加えられているそうです。

ざっくばらんな庶民の味のようでいて、出汁や旨みに関してはかなり本格的なこだわりがあります。

 

大関「肉吸いの素」は調理はかなりカンタン!寒い時期におすすめの料理!!

お鍋にあけ、水を足しますと、こんな感じです。

この量は2人前です。

 

関東のうどんのつゆとはかなり違っています。

 

これに、好みの大きさに切った豆腐を入れて、火にかけます。

 

沸騰したらお肉を入れます。

レシピは牛肉ですし、関西では牛肉なのでしょうが、今回は豚肉のしゃぶしゃぶ用にしました。

 

肉に火が通れば出来上がりです。

 

  

あとはお椀に注いで食べるだけです。

刻んだ小ねぎを散らすといいと思います。

 

おつゆは、昆布と鰹のダシが効いており、旨みがあっておいしいです。

牛肉エキスや、酒粕も使用されていますから、コクが有り、香りもいいです。

 

もちろん、これにうどんを入れてしまってもいいと思います。

具材を食べた後に、雑炊にしてもおいしいでしょうし、汁かけご飯にしてもおいしいと思います。

 

ざっくばらんな庶民の料理なようでいて、ダシは本格的で、さすが大阪発祥の料理だと思います。

 

寄せ鍋のつゆに使ってもいいと思いますよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は大関「肉吸いの素」についてお伝えしました。

関西名物であり、関東ではなかなか買えないものではないかと思いますが、もし見かけたら買って食べてみてください。

大関のサイトでは通販もしているようですよ。

 

肉うどんや、肉豆腐が好きな方にはおすすめです(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!