【魚】ヤナギノマイ(柳の舞)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】ヤナギノマイ(柳の舞)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

「ヤナギノマイ」は関東ではあまりみかけない魚です。

でもまれに入ってくることがあります。

どんな魚なんでしょうか。

今回は「ヤナギノマイ(柳の舞)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「ヤナギノマイ」はどんな魚?

私が初めてヤナギノマイを見た時、一見、メバルやカサゴかな?と思いましたが、でもなんとなく違う…と感じました。

それもそのはず、この魚はスズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属の魚です。

カサゴやメバルの仲間なんですね。

 

だからこれを見るとすぐに「煮付けでおいしそう…」と思いました。

 

  

身体を横切る側線が特徴的な魚です。

オレンジをベースに、モスグリーンの色や紋様が身体中にあります。

 

ヤナギノマイは、体長30センチくらいまでになる魚です。

 

「柳の舞」という風流な名前をつけられていて、そこもユニークです。

語源は、「ヤギ類という海の生き物の密生するあたりにいるから」だそうですが、「ヤギ」が「ヤナギ」に変化したんでしょうね。

それでも「~の舞」と語尾につく辺りが面白いです。

 

北海道でよく獲れる魚です。

寒い海域にいます。

なので、北国を代表する魚です。

 

獲れる時はまとまって獲れますので、価格は安くなります。

関東にはあまり出回りにくい魚ですが、近年の鮮度管理の向上もあり、新鮮なものが関東にも時々入荷するそうですよ。

<スポンサーリンク>

 

 

ヤナギノマイの主な産地は?旬はいつ?

ヤナギノマイは、典型的な「北国の魚」だと思います。

旬は、寒い時期です。冬から初春でしょうか。

寒い時に入手できるヤナギノマイは味が良いですよ。

 

主な産地は、北海道や岩手県です。

 

 

ヤナギノマイのおいしい食べ方は?

ヤナギノマイのおいしい食べ方についてご紹介します。

 

鮮度が良ければ、まずは刺身で食べてみるのをおすすめします。

 

ウロコをとり、頭やワタを落としてよく水洗いします。

3枚におろします。

 

腹骨を取ります。

真ん中の背骨も、手で骨のありかをさぐりながら、骨抜きで抜きます。

 

こちらが皮をひいたあとの様子です。

身の見た目はメバルやイサキみたいでした。

 

  

いろんな切り方をして食べてみました。

歯ごたえがあり、味わいも淡白で上品でおいしかったです。

個人的には、ちょっと物足りないくらい上品でした。

 

しかし、食べてみて、これは加熱したほうがおいしいのでは…と思いました。

 

結局、頭も骨もいれて、甘辛く煮付けました。

私は、こちらのほうがおいしいと思いました。

 

身離れがよく、ポクポクとした身の食感で、とてもおいしいです。

メバルを煮付けたのと酷似していて、メバルに慣れている人間からすると、「ほぼメバル」という感想です。

 

味にクセはなく、思った以上に食べやすくておいしいです。

熱を通しても身が固くならないのがありがたいです。

 

1匹は500円程度と、リーズナブルですし、庶民の味方の魚だなと思います。

 

他には、ぶつ切りにして、人参やジャガイモ、大根、玉ねぎと一緒に煮て味噌仕立てにする「汁」もおいしいです。

油を使った料理にもいいので、バター焼きもおすすめです。

塩焼きでもいいと思います。

 

小さいものなら、カサゴと同様、からあげにしてしまうとおいしいでしょうね。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「北国の魚」、ヤナギノマイ(柳の舞)についてお伝えしました。

関東に入荷しても、そんなに高くはならない、お求めやすい価格の魚です。

 

味にクセはなく、食べやすくておいしい魚ですよ。

見かけたらその時がチャンスですので、ぜひ食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*