【魚】「ノドグロ(アカムツ)」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?干物もおいしい!!

【魚】「ノドグロ(アカムツ)」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?干物もおいしい!!

(2021年3月15日更新)

アカムツ(ノドグロ)という魚がいます。

ずば抜けておいしい魚で人気があり、高級魚とされています。

 

今回は「ノドグロ(アカムツ)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

ノドグロ(アカムツ)はかなりの高級魚!!

背のほうは赤く、腹のほうは銀色っぽかったりピンクだったりする魚です。

形は特に特徴的なものが無いです。

尾ビレの先が黒っぽくなっています。

 

標準和名は「アカムツ」です。

しかし、日本海側の呼び方「ノドグロ」がかなり有名です。

 

なぜアカムツが「ノドグロ」と呼ばれるのかと言うと、

口を覗くと、のどが真っ黒だからです。

 

この黒さは、エラや腹のほうまであります。

体は赤くてキレイだし、体型もバランスが良くかわいらしい顔をしているけど、

のどから腹は真っ黒というギャップが面白いからこそ、「ノドグロ」という呼び方のほうが流行ったのかなと思います。

 

日本海側に多い魚です。

そして、西日本で消費されることが多いのか、「東のキンキ、西のアカムツ」と並び称されています。

 

かなり高値の付く魚です。

非常においしい魚で人気があり、養殖もされていないこともあり、1キロあたり1万円を超える高値が付くそうですよ。

 

体長30センチくらいでも、1匹数千円はします。

しかし、これだけ高くても食べたい人は買うので、人気は物凄いです。

 

 

<スポンサーリンク>

ノドグロ(アカムツ)の主な産地は?旬はいつ?

ノドグロ(アカムツ)は、日本海や千葉県以西の太平洋側で主に獲れます。

長崎県、島根県、山口県、徳島県などが主な産地です。

 

  

島根県では、小さいものを干物にして商品化しています。

スーパーなどに出回ることが、ごくまれですがありますよ(^^)/

 

ノドグロ(アカムツ)の旬は、冬から春です。

寒い時期に手に入ることの多い魚です。

大きいほどおいしいのかもしれませんが、小さな個体でもかなりおいしいです。

 

 

ノドグロ(アカムツ)のおいしい食べ方は?

ノドグロは生でも加熱しても、どちらでもかなりおいしい魚です。

他の魚にくらべ、異次元レベルにおいしいので、国内では最も高い値の付く、評価のめちゃくちゃ高い魚です。

 

鮮度が良ければ、刺身、寿司がおいしいです。

 

 

刺身・寿司は絶品です。

甘み、うまみが強いです。なんでこんなにおいしいのかと、びっくりします。

脂がのっている魚ですが、イヤミやクセはまったくなく、絶妙のバランス、上品なおいしさです。

 

そして、加熱しても固くならないこともあり、脂もいいので、塩焼きも絶品です。

とろける旨さ、「究極の味」とはこのこと、といった感じです。

 

多くのおいしいもの好きのグルメさんが、好んで買い求め食べるのがノドグロだな、と思います。

 

刺身のほか、昆布締めや酢じめもよく、笹漬けなどにして売っている地域もあります。

塩焼きもおいしいので、小さいものを集めて加工して、干物にして売っているメーカーもあります。

 

  

大きい個体にはなかなか手は出ないし、出会うことも少ないですが、干物ならスーパーに並ぶこともあり、大きい活魚よりは買いやすい値段ですので、いちどこちらを試してみるのもおすすめですよ。

 

私も干物を食べてみましたが、かなり小さくてかわいらしいサイズのノドグロでしたが、味は濃厚でコクのあるものでした。

熟成された感じの、なかなか深い味わいでした。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、多くの人が知る有名な高級魚「ノドグロ(アカムツ)」についてお伝えしました。

確実においしい、一度は食べてみたいお魚です。

 

ギフト品としても多くの商品が出回っています。

おいしさは絶対的なので、間違いないギフトといえるかもしれないですね。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!