【珍味】タラ(鱈)の白子の時期はいつ?おいしい食べ方は?

【珍味】タラ(鱈)の白子の時期はいつ?おいしい食べ方は?

(2021年2月22日更新)

タラの白子とは、マダラの精巣のことです。

(スケソウダラの白子もあります。)

魚は、一般的に卵が珍重される傾向(イクラ、数の子など)ですが、マダラに関しては、白子のほうが高値がつきます。

 

好みが分かれる高級食材ですが、好きな人には毎年楽しみなものになります。

今回は「タラの白子」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

タラの白子とは?

タラの白子は、マダラのお腹から取れます。

白子は精巣のことですので、オスから取れます。

 

サケからはイクラ、ニシンからは数の子が取れるなど、多くはメスからとれる卵のほうが珍重されます。

しかし、タラに関しては白子のほうが高値で取引されますので、オスのほうが高くなります。

(ちなみに、マダラの卵(真子)はおいしいんですよ(^^)。)

 

 

他の魚の白子は、細長いカタマリのようなものですが、白子はウネウネとした、独特の形状をしています。

 

白子は好みが激しく分かれる食材だと思いますが、大好きな人には、この見た目もおいしそうに見えるでしょうが、

嫌いな人からすると、かなり抵抗感のある見た目なのかもしれないです。

(ちなみに、私は大好物ですので、おいしそうに見えます。)

 

<スポンサーリンク>

タラの白子が食べられる時期はいつ?

生のタラの白子が食べられる時期はいつでしょうか。

 

タラの白子が取れるのは、タラの産卵期です。

タラの産卵期は、12月から始まり、1~2月がピークになります。

 

よって、タラの白子のピークも、1月から2月です(早くて12月です)。

この時期が白子の出回る時期で、手に入りやすく、おいしい時期です。

 

逆にこの時期以外は、生の白子はほぼ手に入りません。

お店で見かけたら即買いましょう(^^)/。

 

タラの白子のおいしい食べ方は?

タラの白子は、鮮度がよければ、中までしっかり加熱しなくても大丈夫です。

表面が加熱されていればOKですよ。

 

上の動画を参考に加熱して食べましょう。

 

・まず、生白子を水でていねいに洗います。

この時に血やぬめりをそ~っと流水で落とします。

 

・水を切り、白子をつないでいるスジを切り落とします。

 

・白子を食べやすい大きさにカットします。

 

・湯を沸かします。

その間に、ボウルに氷水を準備し、酒を少し入れておきます。

 

・湯が沸いたら、さし水をして、水温を70~80度に下げます。

そこに白子を1個ずつ入れて、1個あたり30~40秒加熱します。

(水温は70~80度程度をキープします。)

 

・先ほどの酒を入れた氷水で冷やします。

(酒を入れることで、水っぽさが抑えられます。)

 

・キッチンペーパーで水分を取ります。

あとはポン酢醤油などで食べます。

 

私は、このやり方で食べるのが最も好きです。

白子のクリーミーな味と、ポン酢の酸っぱさが絶妙なバランスで、とてもおいしいです。

 

他には、味噌汁、天ぷらなどです。

 

回転寿司では、白子の時期になると、軍艦になって出回っていますよ。

(写真の軍艦は「はま寿司」です。)

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、タラの白子についてお伝えしました。

見た目がかなり個性的なので、食わず嫌いな人も多い食材です。

 

でも、かなりおいしいものです。

ウニ、イクラなどと並ぶ、おいしい高級食材だと思います。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*