【レトルト】明治「銀座ハヤシ」!おいしいレトルトハヤシ!!回転備蓄にも!

【レトルト】明治「銀座ハヤシ」!おいしいレトルトハヤシ!!

ハヤシライスが無性に食べたくなった時に、レトルトのハヤシはありがたい存在です。

カレーみたいにあまり多く作られてないので、スーパーで見つけたらとりあえず買っておいています。

今回は明治「銀座ハヤシ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

明治「銀座ハヤシ」は昭和モダンテイストでおいしそうなパッケージ!!

ちょっと見づらいですが、箱の上のほうに「ひと皿のぜいたく、伝統洋食」とあります。

もはや「ハヤシライス」は伝統の洋食なんですね。

 

明治「銀座シリーズ」に出てくる、昭和の「モボ・モガ」が存在した時代というのは、 1920年代の若者文化の時代です。

これは大正9年から昭和4年までだそうです。

 

令和3年の現在は、昭和96年に当たりますので、もう90年以上前の、当時の最先端文化です。

90年以上の歴史ある「洋食」ですので、「伝統洋食」という言葉も今はしっくりきます。

 

このデザインも、特に「銀座ハヤシ」の書体は、当時を彷彿とさせるフォントですが、100年近くも前のものになるので、懐かしさというよりは、もう私には異文化、異世界のものに見えてきてます。

すごく新鮮で、力を感じるデザインです。

 

箱の説明には、「特製二段仕込みブイヨン」など、こだわりの製法について書かれています。

ハヤシライス用のレトルト食品があまりない中、このようなおいしいレトルトハヤシの存在は、私にはありがたいです。

 

価格は、スーパーで税込み213円くらいでよく売られています。

なかなかリーズナブルです。

 

 

<スポンサーリンク>

明治「銀座ハヤシ」は湯せんであたためるレトルトパウチ!

  

中のレトルトの色は、えんじ色で、モダンな感じです。

当時の女学生さんの袴の色とか?と想像してしまいます。

 

カルタ風のイラストも含めて、中のパウチまで昭和モダンに徹底しています。

 

金属を含むパウチですので、このまま電子レンジでは温められず、湯せんが必要です。

電子レンジで温めたい場合は、中身を耐熱皿に出して、ラップをして温めます。

 

 

明治「銀座ハヤシ」は食べたい時にすぐ食べられる「ハヤシライス」としてとてもおいしくて便利!!

 

写真ですと、一見カレーライスに見えますが、匂いはハヤシライスそのものです。

とてもおいしそうな香りです。

 

コクがあり、旨みもあり、濃厚でおいしいハヤシライスです。

具材の玉ねぎも牛肉もかなり柔らかくなっていて、ホロホロと溶けるようです。

 

時々思いついて食べたくなったときには、すぐに食べられるし、おいしいので、便利なレトルト食品です。

いくつか買っておいて、回転備蓄として活用するのもいいと思いますよ(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は明治「銀座ハヤシ」についてお伝えしました。

濃厚なコクのある、旨みたっぷりのおいしいレトルトハヤシです。

 

created by Rinker
銀座カリー
¥1,040 (2021/10/22 11:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

多くのスーパーで見かける商品です。

機会があれば食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!