【サンヨー食品】麺屋さくら井監修「地鶏醤油味らぁ麺」!細麺で濃厚なコクの醤油ラーメン!!

【サンヨー食品】麺屋さくら井監修「地鶏醤油味らぁ麺」!細麺で濃厚なコクの醤油ラーメン!!

2021年2月8日の新発売のラーメンです。

製造は「サッポロ一番塩らーめん」などでおなじみの「サンヨー食品」です。

セブンイレブンやイトーヨーカドーで大々的に販売されていました。

ファミリーマートでも見かけました。

今回はサンヨー食品の麺屋さくら井監修「地鶏醤油味らぁ麺」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

麺屋さくら井監修「地鶏醤油味らぁ麺」は三鷹の名店の監修!!

「通が唸る行列店」というコピーに惹かれて買ってしまいました。

「さくら井」の文字もいい雰囲気です。

 

「地鶏」とあるので、かなりいい出汁が出ているんだろうと思わされます。

 

実際の店構え写真と、店舗の所在地、行き方まで書かれています。

JR中央線三鷹駅ですが、所在地は武蔵野市です。

(三鷹の北口は、武蔵野市のエリアがけっこうあります。)

 

かなりの行列店だそうで、それだけで私はもう行けない…と思ってしまいます。

このカップ麺で楽しもうと思います。

 

価格はセブンイレブンで税別215円でした。

かなりたくさん置いてありましたが、数日でけっこう売れて減っていましたよ。

 

 

<スポンサーリンク>

麺屋さくら井監修「地鶏醤油味らぁ麺」は後入れの小袋がポイント!!

  

フタに、「仕上げの小袋」が付いています。

オイルっぽいです。

 

原材料欄を見ても、どれがその「仕上げの小袋」の材料なのかはわかりませんでした。

この1杯の中に、いろんなものが使われていますね。

 

フタに付いている別添の「小袋」以外は、中は取り出さないといけない小袋はありません。

あらかじめ乾燥具材やスープの粉が入っています。

 

お湯を注いで3分です。

 

麺が細いです。

そして醤油ベースのスープです。

 

あの「小袋」を入れないで食べてみました。

良いおだしの出ている、醤油ラーメン、という感じでした。

 

あの「仕上げの小袋」を入れると、味は一変しました。

ものすごく”風味”が強くなるのです。

 

予想外の風味と味だったので、ちょっと驚きました。

 

いっきに、味が濃厚になりました。

そして、風味がかなり濃いです。

濃厚な、バターのような味と香りを感じました。

 

これは、原材料の「鶏脂」か「豚脂」なのでしょうか。

味わったことのない、香ばしい濃ゆい風味でした。

 

麺は細く、固めで、博多ラーメンの麺に似ていると思いました。

麺は食べやすくおいしかったです。

 

しかし、スープとこの謎の「仕上げの小袋」から来る味は、賛否両論あるのではないかと思いました。

個人的には、少々クセの強いお味の、醤油ラーメンだなと思いました(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はサンヨー食品「麺屋さくら井監修・地鶏醤油味らぁ麺」についてお伝えしました。

濃厚なコクと独特の風味を持ち、麺は細めの醤油ベースのカップ麺です。

 

実店舗の味を再現しているのかは不明ですが、あくまでもカップ麺として楽しむものなのかなとも思います。

興味のある方は試してみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!