【飴】大文字飴本舗「かりん蜂蜜飴」がのどにやさしくておいしい!!冬から春先などに!(王隠堂農園)

【飴】大文字飴本舗「かりん蜂蜜飴」がのどにやさしくておいしい!!冬から春先などに!(王隠堂農園)

のど飴の強いメントール感が苦手で、もっとやさしいフレーバーののど飴か、のどにやさしい原材料を使っている飴を探し求めていました。

数年前から、生活クラブ生協で、かりんを使った飴を見つけて、それがとてもおいしいので愛用しています。

今回は大文字飴本舗「かりん蜂蜜飴」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

生活クラブ生協で購入の「かりん蜂蜜飴」は王隠堂農園のかりんが使われている!!

とてもシンプルなパッケージですが、ラベルの文字やイラストに温かみが感じられます。

ラベルには、王隠堂農園の栽培したかりんが使用されていると書かれています。

 

製造は、京都の大文字飴本舗、販売者は奈良の王隠堂農園となっています。

 

原材料は、国内製造の水飴、粗糖、かりんはちみつ漬けのみ、というシンプルさです。

個包装になっており、ざっと20個くらいが入っている(全体で80g)感じです。

 

<スポンサーリンク>

王隠堂農園のかりんを使用した「かりん蜂蜜飴」はやさしい味でのども潤う!!

のどがなんとなくイガイガしたり、乾燥やホコリ、花粉などでカラ咳が出てしまう時などに愛用しています。

販売されるのも、秋口から次の春くらいまでだったと思います(通年でしたらすみません)。

 

のど飴にありがちな、強いメントール感、ひんやり感でのどの違和感を抑え込むのではなく、

あくまでも喉にやさしいとされるかりんと、はちみつの効果で、のどをやさしく潤してくれる、という使用感です。

 

味がとてもよく、不自然な感じがなく、おいしくて、甘すぎず、食べ飽きないです。

自分が食べ始めたら、ちょっとまわりの人にも配りたくなるような、どんな方でもおいしく感じてもらえそうな味です。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は大文字飴本舗「かりん蜂蜜飴」についてお伝えしました。

味がやさしく、そしてのどにもやさしい、おいしい飴です。

このタイプの飴は、生活クラブ生協で売っていました。

機会があれば食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*