【スパゲティ】ニューオークボ「スパゲティ」(乾麺)がかなりおいしい!!(生活クラブ)

【スパゲティ】ニューオークボ「スパゲティ」(乾麺)がかなりおいしい!!(生活クラブ)

(2021年4月28日更新)

今回はニューオークボの「スパゲティ」(乾麺)についてお伝えします。

生活クラブ生協で扱っているものですが、かなりおいしく、価格もそんなに高くなく、一度食べると、やみつきになるくらいおいしいパスタですよ。

<スポンサーリンク>

ニューオークボ「スパゲティ」は生活クラブ生協で扱っているスパゲティ!

ニューオークボで作られているスパゲティです。

写真の、1.8ミリは、1キロ入っています。

 

  

(もう1種、1.6ミリがあり、これは内容量は450gです。)

 

1人前は標準は90gですので、1.8ミリの1キロ入りは、約10食ぶんはあります。

 

このスパゲティはおいしくて評判がよく、かならずストックしておく、という人も多いスパゲティです。

 

パッケージはシンプルで親しみやすいデザインです。

 

裏面が、一見シンプルなようで、書かれている情報がすごく役に立ちます。

 

上のほうには茹で方やコツなどが書かれ、あんまり考えていなかった気づきもあり、勉強になりました。

下の段の説明も、パスタを茹でている間にじっくり読んだりするといいと思います。

 

カナダやアメリカの北米産のデュラム小麦の中心部分だけを使っている、最高品質のスパゲティだそうです。

原材料は「デュラム小麦のセモリナ」と「食塩」のみですが、伝統的な製麺方法や、低温長時間乾燥など、製造方法にもこだわりがあります。

 

<スポンサーリンク>

ニューオークボ「スパゲティ」はもちもちとしてうま味と風味の強い、味のあるパスタ!!

よく「デュラムセモリナ」などと聞きますが、「デュラム」は小麦の種類で、「セモリナ」は、その小麦の粗粒の状態だそうです。

そして、空気を含ませる独特の生地の練り方をして、プレス時にゆっくり圧力をかけることにより、摩擦熱を少なくし、そのおかげで、小麦の風味とうまみが増えるそうです。

 

 

(これは1.6ミリです)

オートメーション化した大規模な製造方法をとらず、伝統的な製法をしているおかげで、このスパゲティの重大な特長が出ています。

このスパゲティは、風味とうま味が突出していて、かなりおいしいのです(^^)/。

 

この情報が、袋の裏に書かれているのは素晴らしいと思いました。

パスタを茹でながら、このスパゲティについてすごく勉強できてしまいました。

 

1.8ミリのものは、太麺という印象です。

食感がもっちりとしており、ミートソースなどのソースがよく絡みます。

 

1.6ミリのものは、やはり1.8よりも細めですから、オイル系や和風などの、あっさりめのソースが合います。

 

小麦の風味がかなり強く、うま味があり、パスタの具材がシンプルでもとてもおいしいのです。

 

1.8ミリのほうが1キロと、内容量が多いので、ストックに最適です。

 

袋にかかれているおすすめのソースや料理法は、ナポリタンやミートソース、クリーム系ですが、

私はこれでペペロンチーノも作ってしまっています。

(細い1.6ミリのほうにおすすめされている料理法です。)

 

(1.6ミリで青のりスパゲティ)

このスパゲティは製造も伝統的な方法を守っているので、そのおかげでこれだけの風味とうま味と食感が出ています。

 

これを食べると、他のスパゲティが食べられない、という人もいるくらいです。

ぜひ機会があれば食べてみていただきたい、おすすめのスパゲティですよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、生活クラブ生協で扱っている、ニューオークボの「スパゲティ」(乾麺)についてお伝えしました。

賞味期限も2~3年位あり、備蓄しておくのにもおすすめの食材です。

スパゲティの味そのものがとても良いので、他の具材がシンプルでも、かなりのごちそうスパゲティに感じてしまいますよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*