【魚】シロダイ(白鯛)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(ギンダイ)

【魚】シロダイ(白鯛)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(ギンダイ)

今回は「シロダイ(白鯛)」についてお伝えします。

小笠原では「ギンダイ」と呼ばれている魚です。

良い個体に当たれば、非常に美味な魚ですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

シロダイ(白鯛)はどんな魚?

シロダイはフエフキダイの仲間です。

スズキ目フエフキダイ科の魚です。

なので、真鯛とは仲間ではありません。

 

しかし「~鯛」と名付けたくなるようなフォルムをしているのは確かです。

 

キレイな模様の銀色の魚だからか、小笠原では「ギンダイ」と呼ばれています。

小笠原は東京都になりますので、東京に入荷してくると「ギンダイ」と表記されていることもあります。

 

生息地は、小笠原、硫黄島、南硫黄島、屋久島、沖縄など、南方になります。

熱帯、亜熱帯にいる、温かい海の魚です。

 

主な産地は、沖縄県、鹿児島県、東京都(小笠原)になります。

 

鹿児島県や沖縄県では、重要な魚で、よく消費されているそうです。

(沖縄では「シルイユ」と呼ばれています。)

若干、高級な部類に入ります。

 

<スポンサーリンク>

シロダイの旬はいつ?

シロダイの旬は、夏と言われています。

 

シロダイは釣りの人気のターゲットになっており、よく釣れるのは4月から10月だそうですよ。

 

見た目はキレイで華やかな魚ですので、釣り上げるとすごくテンションがあがるでしょうね(^^)/。

 

 

シロダイのおいしい食べ方は?

シロダイは、クセの無い白身でおいしいと評判の魚です。

適度に脂がのっており、味もよいです。

非常においしいこともあり、高級魚の仲間に入っています。

 

しかし、この魚は、たまにすごく臭い時があります。

カルキのような、何か金属的な、時々魚に感じる刺激のある臭いです。

これは、そういう臭いがする虫を食べたからではないか、という説を見かけましたが、定かでは無いようです。

 

運良く臭みのあまり無い個体の場合、鮮度が良ければ刺し身はすごくおいしいです。

上品な白身で、淡白ながら味もよく、うまみがあります。

 

カマは、塩焼でおいしかったです。

ジューシーで、適度な脂が乗り、うまみも多くありました。

身はほぐれやすく、パサツキはなく、しっとりとして食感も良かったです。

 

切り身にハーブソルトをかけ、オリーブオイルでソテーもしてみました。

脂の乗った白身で、身も固くしまったりはしないので、ホクホクした食感でした。

 

しかし、そもそも身は味が良くおいしいので、ハーブなどではなく、塩だけで調理するほうがおいしいと思います。

 

少々臭みのある個体に当たってしまった時は、甘辛く煮付けると、だいぶやわらぎます。

(あまりにも強烈ですと食べれなくて残念ですが…(^_^;))

 

アラは、潮汁にすると、すごくいいダシが出ます。

これはかなりおすすめです(^^)/。

塩を足すだけで、めちゃくちゃおいしいスープです。

 

余った身も、味はそんなに落ちてないので、もったいないのでちゃんと食べきりました。

 

切り身はもちろんのこと、アラまで、全ておいしい魚でした。

釣りをしていたり、鹿児島や沖縄にでも行かなければ、なかなか出会えない種類の魚です。

ぜひまた食べてみたいと思いました(^^)。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「シロダイ(白鯛)」についてお伝えしました。

上品な白身で、真鯛とはまた違った味わいの、おいしい魚です。

 

まれに臭いのあるものに当たってしまうことはあります。

でもそれがなければ、ものすごくおいしい魚です。

興味のある方はぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!