【魚介】「カスベ(えいひれ)」とはどんなもの?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚介】「カスベ」とはどんなもの?旬はいつ?おいしい食べ方は?(エイヒレ)

「かすべ」とか「えいひれ」とか書かれた切り身を、魚屋さんで見かけたことはないでしょうか。

「えいひれ」ならば、エイのヒレだな、とわかりますが、「かすべ」と表示されていると、知らないとこれはなんだろう?と思ってしまいます。

 

どんなお魚で、どのように食べるとおいしいのでしょうか。

今回は「カスベ(エイヒレ)」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「かすべ」は糟倍と書く!エイの仲間!!

Raja pulchra

(写真はWikipediaより) 

上の写真は、「メガネカスベ」というエイの仲間です。

ガンギエイ目ガンギエイ科の生物です。

 

全長1m前後。

市場では「マカスベ」と呼ばれています。

 

東日本から北、東北や北海道でよく食べられています。

南へ下るほど知名度は低くなります。

 

東京では比較的よく売られていると思います。

 

 

上のツイートのように、皮をむいた状態、そしてもっと小さく切られてスーパーなど小売店で販売されています。

 

メガネカスベなどの、左右のヒレだけを食べます。

なので「えいひれ」とも表示されます。

 

 

<スポンサーリンク>

「カスベ」の旬や主な産地は?

カスベがよく出回る主な時期は、秋から春です。

この時期が旬です。

(乾物は通年です。)

 

東北や北海道でよく食べられている魚介です。

主な産地は、北海道、青森県、秋田県、岩手県です。

 

「カスベ」のおいしい食べ方は?

その昔、漁であがっても「カスのようだ」というので「かすべ」と呼ばれたそうです。

見た目や粘液の多さから、当時はそう判断されたらしいです。

 

昔の人の、魚介類をはじめとする、生き物や植物への名付けは、手厳しいものがあると感じることがしばしばあります。

(差別に当たる場合は、名前が変更されていることもあります。例:現「カエルアンコウ」は「イザリウオ」でした。)

 

しかし、このエイは、非常に美味です(^^)/。

寒い地方出身の方が、東京でこれが売られているのを見ると喜ぶのがわかります。

 

おいしい食べ方は、煮付けがまずおすすめです。

 

  

慣れてないと、少しクセを感じますが、甘辛く煮ると、身の味もよく、とてもおいしいです。

鮮度が良ければ、その「クセ」も少ないので、気になる方はできるだけ新しいのを買いましょう。

 

淡白で味の良い白身です。

 

煮汁は、冷やすと「煮こごり」になります。

これもうまいです。

 

鮮度が良いと刺し身でも食べられるらしく、いつか食べてみたいです。

 

他には、唐揚げ、フライがオススメです。

オリーブオイルやハーブを使い、ムニエルもおいしいです。

 

一夜干しにして炙って食べる方法もあるそうです。

かなりおいしそうです。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「カスベ」(エイヒレ)についてお伝えしました。

まずは煮付けで。そして唐揚げやフライなど、油との相性もよい魚介です。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*