【野菜】レタス(玉レタス)の旬や主な産地は?おいしい食べ方は?

【野菜】レタス(玉レタス)の旬や主な産地は?おいしい食べ方は?

今回はレタス(玉レタス)についてお伝えします。

丸くて大きなレタスは、シャキシャキとしておいしいですよね。

 

年中見かける、誰でも知っているレベルの野菜ですが、おいしい旬などはあるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

レタスはキク科の植物!!

レタスにはかなり多くの種類、品種があります。

今回は、上の写真のような、日本人にとってはオーソドックスとも言える「玉レタス」についてお伝えします。

 

レタスは、キク科アキノノゲシ属チシャ科の植物です。

キク科なのが意外です。

 

レタスのことを、日本では古くから「ちしゃ」と呼んでいます。

現在でも「チシャ」と言うと、レタスのことだとわかる方も多いと思います。

 

ちなみに、「レタス」は英語です。

 

日本では、全国で栽培されています。

巨大チェーン店のハンバーガーにも使われているくらいですから、レタスのことを知らない人はほとんど居ないでしょうね(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

レタスの主な産地は?旬はいつ?

レタスは全国各地で作られています。

一年中流通している、見かけない日はないくらいの、日本人の生活にはなくてはならない野菜です。

 

最も多く生産しているのは、長野県です。

全国の3分の1の量を作っているそうですよ。

次いで茨城県、群馬県です。

 

日本国内のレタスの収穫期は、主に秋と春です。

この時期が、価格が比較的安いです。

味も良いと感じることが多いので、旬と言ってもいいのかもしれないです。

 

しかし、基本的には、日本国内のレタスは通年、どこかで作られている野菜です。

 

夏は、長野県などの涼しいところから、冬は九州などの温かいところから出荷されています。

結局は国内のどこかから年中供給されている野菜です。

 

なので、ある土地が不作になると、その時期はレタスを見かけなくなったり、欠品が続いたりします。

 

 

レタスのおいしい食べ方は?

レタスといえば、サラダをまず連想します。

レタスのみに特化した袋入りカットレタスも、コンビニで買えるくらいなので、こんなに普及しまくっている野菜も他に無いと思います(^^)。

 

レタスは、加熱調理してもけっこうおいしいです。

 

私は卵焼きにしてみました。

レタスがかなり新鮮でシャキシャキしていたので、形はキレイではありませんが、溶き卵に白だしを加えた卵液を使って、ざく切りにしたレタスを巻き込むように作ってみました。

 

春の時期の、旬の鮮度のいいレタスでしたので、春の葉物の風味もあり、なかなかおいしい卵焼きになりました。

 

「レタスの中華風炒め」はよく作られているレシピです。

レタスは、チャーハンに入れたり、スープの具材にしたり、と用途は広いです。

 

 

You Tubeにはたくさんのおいしそうなレタスのレシピがあります。

 

大きなレタス玉を買うと、「使いきれるかな…」と不安になるかもしれません。

しかしネット検索すると、目からウロコのレシピがたくさん出てきて、けっこうあっという間に使い切れてしまいますよ(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はレタス(玉レタス)についてお伝えしました。

味が良いレタスに当たると、いろんなレシピであっという間に美味しく食べられてしまう、野菜類の中では、扱いやすく、食べやすいものだと思います。

 

種を手に入れて、家庭菜園でチャレンジしてみるのも楽しそうです。

 

生活に密着した野菜ですので、安定した供給が今後も続くといいですね(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*