日本のグレープフルーツは鮮度がよくておいしい!おすすめ!!(国産グレープフルーツ)

日本のグレープフルーツは鮮度がよくておいしい!おすすめ!!(国産グレープフルーツ)

今回は、日本国内で生産されているグレープフルーツについてお伝えします。

昔はグレープフルーツといえば、海外からくるかんきつの典型でしたが、平成20年ごろから商品化され、出回り始めているんですよ。

<スポンサーリンク>

国産のグレープフルーツが食べられるのは嬉しい!!

グレープフルーツといえば、海外からの輸入がほとんどの時代がありました。

しかし、平成20年ごろから、国内産のグレープフルーツの商品化が成功し、出回りはじめました。

 

令和も3年ですが、まだまだ数は少ないという現実があります。

しかし、生産量も流通も少しづつ増えてきているような気がします。

 

上の写真のグレープフルーツは、熊本県産です。

国産のグレープフルーツというだけで、ありがたく、嬉しくなりました。

 

なぜかというと、まず、輸入物のグレープフルーツには「ポストハーベスト」という問題がつきまとうからです。

収穫後に、保存の目的等で散布される薬物なんですが、できればあまり食べたくないものです。

 

 

国産のグレープフルーツには、これがありません。

そして、船の長旅などがないから、鮮度も良いです。

 

かつ、農家の方がこれを生産することにより、自給率が上がっていきます。

なので、個人的には輸入物よりも国産を応援したくなります。

 

 

<スポンサーリンク>

日本産グレープフルーツの主な産地や旬は?

  

 

現在日本国内で作られているグレープフルーツの主な産地は、

和歌山県、高知県、熊本県、鹿児島県などです。

 

国内産の旬は、4月から8月です。

 

まだまだ一般のスーパーには、グレープフルーツは輸入物のほうが圧倒的です。

国産グレープフルーツは、通販や、一部生協などで手に入ります。

見かけたら、ぜひ買って食べてみてください(^^)/。

 

私は、たまたま熊本県産のグレープフルーツを購入しました。

かなりずっしりと、重たいグレープフルーツです。

おそらく、1キロは超えていたと思います。

 

グレープフルーツは、ぶどう(グレープ)のように、実がまとまって実ると思うんですが、

こんなに重いものがまとまって実るのに耐えうるくらい、木の枝は強いのか、と感心してしまいました。

(憶測ですが、もしかしたら「間引き」などがあるのかもしれません。)

 

中の実そのものは、やはり非常に柔らかいです。

(中身の柔らかさはグレープフルーツの特徴です。)

 

ひとふさずつ、むいて食べるのは少々たいへんでした。

 

グレープフルーツなので、苦酸っぱさは健在です。

やはり、はちみつや砂糖をかけて食べたくなる味です。

 

しかし、輸入物とは全く違うと思ったのは、「鮮度」です。

非常にフレッシュな味わいで、おいしかったです。

 

たまたま食べたものは、正直苦味と酸味が強かったため、砂糖漬けにもして、炭酸水で割って飲んだりしました。

 

created by Rinker
Sanpellegrino(サンペレグリノ)
¥1,937 (2021/05/18 07:24:03時点 Amazon調べ-詳細)

フレッシュなかんきつ類を買ってみて、酸っぱかったりした場合は、砂糖漬けにして一晩おき、炭酸水で割って飲むのもおいしいです。

よかったらやってみてください(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、日本国内で生産されるグレープフルーツについてお伝えしました。

ポストハーベストの心配がなく、鮮度がよく、自給率アップの助けにもなる、メリットの多いかんきつです。

 

これから生産量が増え、もっと流通が活発になっていくといいですね(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*