ニューオークボの「生パスタ」がおいしい!もっちりの食感とじわじわくる旨み!(生活クラブ生協)

ニューオークボの「生パスタ」がおいしい!もっちりの食感とじわじわくる旨み!(生活クラブ生協)

(2021年6月3日更新)

今回は生活クラブ生協などで買える、ニューオークボの生パスタについてお伝えします。

乾麺とは違い、水分を多く含むので、ゆで時間は短時間で済み、生だからこその食感と風味と旨みが楽しめます。

 

麺そのものにいろんな味が多く含まれているので、ソースはシンプルでもかなりおいしくなりますよ。

<スポンサーリンク>

ニューオークボの生パスタは国産小麦使用!!

こちらは、「生スパゲティ」の「太麺」タイプです。

もう一つ、標準の太さの麺があります。

 

  

他にもペンネやフェットチーネなど各種作られています。

 

生麺で、「要冷蔵」になっています。

 

原材料は、デュラム小麦のセモリナ(国内製造)、食塩のみです。

ここから、製法と技術によっておいしく仕上げているんですね。

 

  

2食分入です。

これで価格は240円くらいです。

比較してしまいますが、1食が、カップラーメンより安いです。

 

この生パスタの味を知ると、さらにかなり安く感じてしまいますよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

ニューオークボの生パスタはソースがシンプルでもOK!麺そのものの味が深い!!

この生麺の状態を見ても、かなりおいしそうです。

小麦モノの、味わいが深そうな、うまそうな見た目です。

 

ゆで時間は4分(太麺の場合)と、乾麺と比べると短いです。

説明をよく読んでゆでるのをおすすめします。

 

(上の写真は普通の太さの麺です。)

生パスタはお互いがくっつきやすいので、お湯に投入するまえに、よくもみほぐす必要があります。

 

茹でている間は、できるだけ鍋から離れず、様子を見守りながら、時々かき混ぜましょう。

麺同士がくっつくと、そこだけ生煮えになってしまいます。

 

茹であげたら、パスタソースや自作のパスタの具材で仕上げます。

今回は、イカがありましたので、ペペロンチーノにしました。

 

  

今回は太麺なので、もっちり感は半端ないです。

よく噛まないといけないので、アゴの運動にもなりました。

 

よく噛むことで、味わいを深く、大きく感じることができます。

小麦と塩だけで、ここまで複雑な味わいが作れるなんて、ほんとうにすごいです。

 

 

こちらは、普通の太さの生パスタをシンプルにペペロンチーノにした写真です。

 

生麺ならではのもっちり感と味わいは格別です。

シンプルなソースや具材で、かなりのごちそうになります。

ぜひ食べてみてください(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

  

今回は、ニューオークボの生パスタについてお伝えしました。

味わい、歯ごたえ、食感がとにかくすばらしく、おいしいパスタです。

 

生活クラブ生協で扱っていますし、ニューオークボのサイトでも購入できます。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!