【野菜】サラダコスモ「ブロッコリーの新芽(スプラウト)」は食べやすくておいしい!洗わずに使ってもいいの?

【野菜】サラダコスモ「ブロッコリーの新芽(スプラウト)」は食べやすくておいしい!洗わずに使ってもいいの?

今回はサラダコスモの「ブロッコリーの新芽(スプラウト)」についてお伝えします。

「スプラウト」の意味は「新芽」です。

 

やわらかくて食べやすく、あまりクセも感じられない、扱いやすい水耕栽培野菜ですよ。

<スポンサーリンク>

サラダコスモ「ブロッコリースの新芽(スプラウト)」は価格も安定していて買いやすい!!

「元祖スプラウト野菜」とも言える「かいわれ大根」は、なんと平安時代から食べられていた、という古い歴史のあるものです。

ただし長い間高級野菜の部類でした。

一般的に多くの人が食べられるようになったのは、安定供給が可能になった昭和50年代からだそうです。

 

ブロッコリースプラウトは、 2000年代になってからの登場です。

サラダコスモでも2000年代前半からの製造のようです。

 

豊富な栄養素や病気にも効く、という効能面では話題に事欠かない野菜です。

 

個人的には、効能もいいのですが、「おいしい」かどうかがやはり食べ続けるための重要な一面だと思います。

このブロッコリースプラウトは、水耕栽培ものの中でも、食べやすくておいしいと思います。

 

パックに入っていて、だいたい100円前後で売られています。

 

水耕栽培ですので、天候不良の影響は受けません。

ここは心強いところで、露地ものの野菜不足になると、こちらの野菜に特にお世話になったりします。

 

 

<スポンサーリンク>

水耕栽培のパック詰めのブロッコリースプラウトは洗ったほうがいいの?

パック詰めのブロッコリースプラウトは洗ったほうがいいのでしょうか?

 

パッケージには「水洗いしてください」と明記されています。

 

洗わなくても大丈夫な気が、個人的にはしますが、やはり、せめてさっとでも流水ですすぐのが無難だと思います。

 

根本のほうの種の殻が、可食部にまで来てしまって気になる場合は、以下のように洗うと、完璧ではないですが、落とすことができます。

 

下のふわふわした根っこのあたりを持ち、ボウルに張った水の中に入れ、サラサラと振って、種の殻を洗い流します。

水から出して、勢い強めでパッパと振るとさらに落ちると思います。

 

じつは、私はあんまり種殻は気にしていません(^_^;)。

そのまんま食べてしまっています。

完璧に取り除けるものでもないですしね。

 

シャキシャキとしていながら、かなり繊細なのでその食感がさわやかでおいしいです。

かいわれ大根のような、あとから来る辛みもありません。

 

ブロッコリー独特の味もあんまりしません。

ドレッシングをたっぷり付けたり、お手製ハンバーガーにはさんだりすれば、野菜が苦手な人も食べやすいかもしれませんね。

 

露地もの野菜などは価格の変動があり、天候の変化が激しかったりすると高騰します。

しかし、こういう工場内で水耕栽培しているものは、よっぽどのことがないと価格が高騰したり、入手困難になることがないので、供給が安定しているイメージがあります。

 

さっと洗って使えるし、シャキシャキ/サクサクとした食感が楽しめて、クセもなくおいしいので、サラダやスープ、味噌汁、さっと炒めなど、いろんなカンタン調理法で使いやすい野菜だと思います。

 

なんと言っても「スーパーフード」とも言われる豊富な栄養があります。

一石二鳥以上のメリットのある野菜だと思います(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はサラダコスモの「ブロッコリーの新芽(スプラウト)」についてお伝えしました。

シャキシャキ・サクサク感が私は個人的に好きなポイントです(^^)/。

 

さっと洗ってザクザクと切って、サラダにしたり、味噌汁を作って、ポンと熱々のところに投じて食べるのもおいしいです。

気軽に扱える、ありがたい存在の野菜だと思います。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!