【ヤマモリ】「カオマンガイの素」がおすすめ!添付のソースも美味!!

【ヤマモリ】「カオマンガイの素」がおすすめ!添付のソースも美味!!

今回はヤマモリのタイ料理用合わせ調味料である「カオマンガイの素」についてお伝えします。

タイ料理の中でもよく作られ食べられている、タイの炊き込みごはんが「カオマンガイ」です。

 

日本国内でもタイ料理のお店ではたいていメニューに出ている料理です。

これが家でも作れてしまうキットですよ。

<スポンサーリンク>

ヤマモリ「カオマンガイの素」はスーパーやカルディなどで!

スーパーやカルディなどで販売されています。

価格は税抜200円です。

小売店によっては、もう少し安い場合もあるかもしれません。

 

これ1箱で、お米2合用になっています。

辛さ度数は「1」です。

辛さは添付のつけダレで調整するようになっています。

 

辛くしたい人は多くかければいいんですね。

 

「カオ」は「ごはん」

「マン」は「油」

「ガイ」は「とり肉」だそうです。

 

チキンスープで炊いたごはんに、一緒に炊いた鶏肉をのせ、生姜の効いた甘辛いタレを付けながら食べる、ボリュームたっぷりのごちそうです。

タイ料理店では、フレッシュなパクチーやきゅうりが添えられていることがほとんどで、これはこの料理ととても合っています。

なので、パクチーやきゅうりもあると完ぺきです(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

ヤマモリ「カオマンガイの素」は材料を炊飯器に入れて炊くだけ!

箱の中身は、2つの袋が入っています。

①炊き込みスープ

②つけだれ

です。

 

「つけだれ」は砂糖、ナンプラー、生姜、お酢、にんにく、レモン果汁、黒糖、唐辛子などが使われています。

タイ料理らしい、甘辛酸っぱい、複雑な味わいが期待できます。

 

「炊き込みスープ」は、チキンエキス、生姜、ニンニクなどが使われています。

ごはんのほうにも生姜が効くようになっています。

 

鶏肉は、特にこういう料理(ごはんと一緒に炊いたりする)では、臭みが気になるところです。

炊き込みスープにもつけだれにも生姜が使われているのはありがたいです。

 

お米2合をとぎ、①の炊き込みスープを入れ、2合の水の量に調整します。

よくかき混ぜます。

 

そこに、鶏モモ肉を切らないで載せます。

(鶏肉は、水かぬるま湯でさっと洗って、水気を拭き取り、いくらか臭み・汚れを取るようにしました。)

 

鶏肉を載せたら、すぐに普通の炊飯モードで炊きます。

 

出来上がりに近づくと、台所じゅうにおいしそうな匂いが充満します。

 

炊きあがったら、まず鶏肉を取り出し、お好みの大きさや厚さに切ります。

 

ごはんを皿によそい、鶏肉を載せ、つけだれをかけながらいただきます。

パクチーやキュウリもいっしょに食べると、変化が出てさっぱりしておいしいですよ。

 

つけダレはこんな感じです。

メーカーによっては、味噌が混ざっているようなタイプもありますが、私はヤマモリの、この透明感のあるタレのほうが好きです。

 

酸味も辛みも塩気も甘みもある、複雑な味わいのタレです。

(ここにパクチーの「苦み」が加わると、タイ料理の特徴である「五味」になりますね。)

 

チキンスープで炊いたごはんや鶏肉だけでは、おいしいけれど味がしまりません。

このタレあってこそのカオマンガイです。

 

なので、このタレがおいしくないと、けっこう残念です(^_^;)。

でも、ヤマモリのこのセットのつけダレはとてもおいしいですよ。

 

あっという間に、パクパクと食べられてしまいました!

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、ヤマモリの「カオマンガイの素」についてお伝えしました。

つけダレがおいしく、鶏肉入り炊き込みごはんもおいしく仕上がります。

 

作るほうは、ほとんどすることが無いのに、かなりおいしいタイ料理が出来上がってしまいますよ。

 

created by Rinker
ヤマモリ
¥970 (2021/06/13 09:13:23時点 Amazon調べ-詳細)

「カオマンガイの素」と、他の必要最小限の材料はお米と鶏もも肉です。

生姜たっぷりのスープで炊くので、特売のお肉でも充分おいしいです。

 

そんなに費用はかからず、おいしいタイ料理が食べられるのでおすすめです(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!