【無印良品】「ジンジャードライキーマ」カレー(レトルト)がおいしい!辛くて身体があったまる!!

【無印良品】「ジンジャードライキーマ」カレー(レトルト)がおいしい!辛くて身体があったまる!!

今回は無印良品のレトルトカレー「ジンジャードライキーマカレー」についてお伝えします。

(今回はしっかりと辛いほうの商品についてです。)

 

生姜とスパイスががっつりとタッグを組んでいる、非常にインパクトの強い辛くておいしいカレーですよ。

ジンジャーとスパイスの力で身体があったまってしまいます(^^)/。

<スポンサーリンク>

無印良品「ジンジャードライキーマカレー」は「ジンジャー」にピンと来たら食べてみてください!!

「素材を生かしたカレー」シリーズのひとつです。

 

このパッケージのカレーの写真にパワーがあり、魅力があります。

そして「ジンジャードライキーマ」という名前がインパクトがあります。

 

”ジンジャー”も”ドライ”も、どちらも「辛い」という印象を受けるからです。

 

そして、唐辛子のイラストを使った「辛さゲージ」が4です。

これは辛そうです。

 

しかもお肉は牛ひき肉です。

コクが有り味が濃そうです。

 

価格は350円。レトルトのカレーの中では真ん中より少し高い、といった価格帯でしょうか。

 

無印のレトルトカレーシリーズは、全て「化学調味料・合成着色料・香料不使用」のはずです。

今回のジンジャードライキーマもそう明記されています。

 

化学調味料が入っていないだけで、けっこう味は違ってきます。

後味がかなり違います。

 

化学調味料が使われていないのは嬉しいです。

(製造は神戸のMCCです。)

 

<スポンサーリンク>

無印良品のレトルトカレー「ジンジャードライキーマ」は生姜と辛さのインパクトが強い!食後は身体がぽっかぽか!

今回はターメリックライスを準備しました。

これはこのカレーとぴったり合っていました(^^)。

 

食べてみますと、ひき肉がけっこう入っていると思いました。

「牛ひき肉」ですと、あんまり入っていないかも…と先入観がありましたが、そんなことはありませんでした。

 

他にも刻んだ具材がたくさん入っているみたいで、口の中で細かい具材がザラザラと感じられます。

味はとてもおいしいです。

 

そして、スパイシーな辛さと、生姜の辛さが同時に来るのか、とにかく「辛い!!」を連発しながら食べました。

ただスパイシーなだけではない、口の中が非常に熱く、暑くなっている感じです。

 

これは生姜の効果なんでしょうか。

 

スパイスが効いていて生姜が隠し味程度であれば、スパイシーな辛さしか感じません。

しかし、これはジンジャーも効かせてあるからか、とにかく口の中が「熱く」なります。

 

「HOT」と英語では表現しますが、口の中がサウナにでもなった感じです。

ほんとうに熱くなりました。

 

味は濃厚でコクがあります。

しっかりと旨みもあり、メインの牛肉や生姜、スパイス類以外の素材のおかげで、ダシも効いています。

 

でも、とにかく辛いのでそれを深く味わう余裕もありませんでした。

せっかく具材を多く使って味わい深く仕上げてあるので、もう少しそれを強く感じたかったのですが、私の辛さへの感性が、このカレーの辛さに負けてしまいました。

 

辛いのが大好きで、生姜ものも好きな方にはおすすめです。

 

そして、辛いものが好きな私でもかなり辛かったので、辛いのが苦手な方は残念ですがこのカレーは見送ったほうがいいかもしれないです。

 

味はおいしく、スパイシーで、ジンジャーも効いている、かなり個性的なカレーだと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は無印良品のレトルトカレー「素材を生かしたカレー・ジンジャードライキーマ」についてお伝えしました。

辛さはけっこう強く、生姜のおかげで身体もかなりあったまる、インパクトの強いカレーです。

 

こういう個性的なカレーが、レトルト食品となって売られているのは、とても楽しいので嬉しいです。

今後も無印さんには、ユニークでおいしいカレーを出し続けていただきたいです(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!