【無印良品】手づくりキット「カオマンガイ」がおいしい!!(タイの鶏炊き込みごはん)

【無印良品】手づくりキット「カオマンガイ」がおいしい!!(タイの鶏炊き込みごはん)

今回は無印良品の手作りキット「カオマンガイ」についてお伝えします。

鶏肉やお米を準備すれば、タイの炊き込みご飯である「カオマンガイ」が、このキットで作れます。

<スポンサーリンク>

無印良品の手作りキット「カオマンガイ」はおいしいタイの炊き込みご飯がカンタンに作れる!!

「カオマンガイ」という料理は、もう日本でも多くの人が知っていると思います。

いろんなメーカーが、このカオマンガイのキットを作って販売しています。

 

無印良品にももちろんあります。

タイの料理のキットは、無印良品のものはおいしくて好きなので、これも前から使ってみたいと思っていました。

 

準備するものは、このキットと鶏もも肉1枚(約200~300g)、お米です。

このお米がジャスミンライスだと最高なんですが、日本での入手はなかなか高価格になります(^_^;)。

 

 

普通のお米でももちろん大丈夫です。おいしくできますよ!

 

このキットは、価格は税込み290円です。

2人前強の量ができます。

3人前だとちょっと少ないかな、と個人的には思います。

 

 

<スポンサーリンク>

無印良品手作りキット「カオマンガイ」はとにかくカンタンにできる!そしておいしい!

中には、写真のような袋が2つ入っています。

ご飯を炊く時にいれる「素(もと)」と、食べる時に使う「つけだれ」です。

 

これがアルファベットでシンプルに書かれているだけで、ちょっと分かりづらいです。

もう少しわかりやすくしていただけると助かります。

 

お米2合をとぎ、「素」を入れてから2合の普通の炊飯の水の量に合わせます。

我が家は、少々、そのまま炊ける発芽玄米を混ぜています。

 

created by Rinker
大潟村あきたこまち生産者協会
¥771 (2021/06/13 20:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

鶏もも肉1枚を炊飯器に入れます。

切らないで入れます。

 

そして、スイッチオンして、普通に炊きます。

タイマー炊飯や「早炊き」はNGです。

 

生の鶏肉を入れますので、すぐに普通モードで炊きましょう。

 

炊きあがった直後です。

すごくいい匂いが立ち込めますよ(^^)/。

 

つけだれはこんな感じです。

味噌ベースです。

 

この味噌は「タオチオ」と呼ばれる、タイのお味噌です。

「シーユーダム」と呼ばれる、タイの黒い醤油のようなものも使われています。

味はとてもおいしいです。

 

鶏肉はできるだけ薄めに切ったほうがいいと思います。

 

ご飯をよそい、鶏肉をおなじ皿にのせ、つけだれをお好みでかけながら食べます。

 

ここに、つけあわせでキュウリやトマト、パクチーがあればさらにいいですよ(^^)/。

 

ご飯は、しょうがが効いています。

あまりしょっぱくなく、ちょうどよい味付けになりました。

 

これに鶏肉のうまみと、つけダレがからみ、非常においしい鶏肉の炊き込みご飯になっています。

 

つけダレは味噌ベースで、タイ料理らしく甘辛さもあり、複雑な味わいを楽しめます。

 

いくつかのカオマンガイキットを食べてきましたが、この無印良品のキットもおいしかったです。

また作りたいと思います(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は無印良品の手作りキット「カオマンガイ」についてお伝えしました。

本格的なカオマンガイがカンタンに作れるキットです。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!