【黒糖】波照間島特産「黒糖かちわり」がおいしい!甘さも苦さもある深い味わい!!

【黒糖】波照間島特産「黒糖かちわり」がおいしい!甘さも苦さもある深い味わい!!

今回は波照間島特産「黒糖かちわり」についてお伝えします。

通販や沖縄の食材を扱っているお店で買うことができます。

 

波照間島で伝統的に生産されている黒糖で、ミネラルもビタミンも豊富です。

甘いだけではない複雑な味わいがクセになりますよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

沖縄県で生産される黒糖は島によって味が違う!!

 

波照間島特産「黒糖かちわり」は生協や、沖縄の食品を扱っている店舗、通販などで買うことができます。

 

中から見えている実際の黒糖は迫力があります。

パッケージの色や文字が美しいです。

 

沖縄県で黒糖が生産され、県外へ出荷されているのは、8つの島だそうです。

その地図が、パッケージの裏面に載っています。

 

波照間島はその中でもかなり南に位置することがわかります。

冬から春には南十字星が見えるそうで、想像すると非常に美しい夜空が浮かんできます。

 

黒糖は原材料はさとうきびです。

そのさとうきびの性質に、黒糖は大きく影響されます。

 

さとうきびの性質は、各島の土壌に大きく影響されます。

なので、島により、味や色、形、香り、食感が違い、それぞれの個性が出てくるそうですよ。

 

それを知ると、いろんな島の黒糖を食べ比べてみたくなりますね。

今回のこの黒糖は、もちろん原料のさとうきびは波照間島産です。

 

 

<スポンサーリンク>

波照間島特産「黒糖かちわり」は波照間島のさとうきびを伝統的な製法で加工して作っている!!

波照間島には、波照間島特有のさとうきびが育ちます。

それを伝統的な製法で加工し、黒糖にします。

 

波照間島で採れたさとうきびを絞り、汁をそのまま煮詰めるだけだそうです。

 

袋をあけますと、黒糖のいい香りがしてきます。

けっこう大粒で、ずっしりとしています。

 

色は濃い茶色です。

他とくらべ緑がかっている、と言われています。

 

茶色ではありますが青みがかった、涼し気な重厚感のある色合いです。

 

粒の大きさはまちまちです。

そのままつまめそうな小さなものから、ナイフをいれないと食べられないくらい大きいのもあります。

 

歯の丈夫な方なら、そのまま犬歯とかで噛み砕けるのかもしれないですが、

やはりそこはお食事ナイフで良いので、ちゃんと割ったほうがいいと思います。

 

あと、味がかなり濃厚なので、大きい粒では食べきれないおそれもあります。

 

口に入れますと、ただ甘いだけではない、他の複数の味や風味をいっきに感じます。

甘さと苦さの2つの味が代表するようですが、個人的には酸味も感じました。

 

波照間島で育ったさとうきびを使った、波照間島特有の黒糖の味です。

非常に複雑な味わいを感じます。

 

一般的な、他の黒糖はかなり食べやすいんだ、とわかります。

 

クセがあるのは確かです。

しかし、この味に魅了されると、逆にクセになってしまいます。

 

味が濃厚で複雑です。

ミネラルたっぷりの味わいがします。

 

本場の黒糖というものはこういう味なのか、と思い知らされました(^^)。

他の産地の黒糖もぜひ食べて、味を比べてみたいと思いました。

 

こういうブロック型の黒糖は、コーヒーとも合います。

コーヒーに入れるといい、と袋に書かれていますが、わたしは黒糖を食べながらコーヒーを飲む、というのが好きです。

 

そうすると、コーヒーそのものの味を味わいながら、黒糖そのものの味も味わえるからです。

混ぜないほうがいいと思います。

 

紅茶や緑茶にももちろん合いますよ(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は波照間島特産「黒糖かちわり」( 沖縄宝島)についてお伝えしました。

複雑で濃厚な味わいの、甘いだけではない、とてもおいしい黒糖です。

 

 

 

ふつうの砂糖の塊とは、まったく違う食品だと思います。

ミネラルもビタミンも豊富だそうですよ。

 

機会があればぜひ味わってみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!