【レトルト】生活クラブ「ポルペッティーニのパスタソース」がおいしい!アニメで見かける料理!!

【レトルト】生活クラブ「ポルペッティーニのパスタソース」がおいしい!アニメで見かける料理!!

今回はレトルトのパスタソース「ポルペッティーニのパスタソース」についてお伝えします。

「ポルペッティーニ」とは、イタリア料理での肉団子料理のことだそうです。

 

これが使われているスパゲッティは、アニメ「カリオストロの城」で有名です。

このアニメの料理と同じかどうかはわかりませんが、肉団子が入っている、レトルトのパスタソースはあまり無いと思います。

<スポンサーリンク>

「ポルペッティーニのトマトソース」は肉団子が入っているトマトベースのパスタソース!!

生活クラブ生協で扱われているパスタソースです。

製造は、エム・シーシー食品です。

 

商品パッケージに、ポルペッティーニは「イタリア語で肉団子の意」と説明されています。

「サルサ・ポモドーロで煮込んだ」とありますが、サルサ・ポモドーロとは、イタリアのホールトマトをたっぷりと使用したトマトのソースのことだそうです。

 

肉団子のイタリアンスパゲッティソース、と言えば、ルパン三世「カリオストロの城」のシーンを思い浮かべてしまいます。

人によっては「わんわん物語」かもしれませんね(^^)/。

 

肉団子は、食べやすいし、子どもも大好きなメニューです。

かなり親しみを感じてしまうソースです。

 

肉団子の原材料は、秋川牧園の「丹精國鶏」のモモ肉と砂肝のブレンドだそうです。

「丹精國鶏」はかなりおいしい鶏肉なので期待できます。

 

アミノ酸などの化学調味料は使われていません。

トマトのジュースづけやトマトジュースはイタリア産のものを使っています。

 

価格は、1食分税込み342円です。

パスタソースとしては、高価格なほうかもしれません。

 

しかし、鶏肉が「丹精國鶏」であることや、化学調味料が使われていないことだけでも、安心して食べられるし、おいしいので、ついつい買ってしまいます(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

生活クラブ「ポルペッティーニのパスタソース」はトマトベースで辛くなくておいしい!子どもでもOK!!

湯せんであたためて、同時に茹でておいたスパゲッティにかけました。

肉団子は、4個から5個くらい入っていたように思います。

 

トマトベースのソースなので、色は赤いです。

しかし、ほとんど辛くはありません。

 

コクのあるトマトソースで、おいしいです。

少々塩気が強めかもしれません。

 

しかし、香辛料等の辛さはあまりないので、小さいお子さんでも大丈夫だと思います。

 

肉団子は、鶏肉を使っているので、やさしい味です。

濃厚さやコクは、牛肉や豚肉で作ったものとくらべたら控えめです。

 

敏感な方は、砂肝の風味を感じるかもしれません。

しかし、クセはほとんど無いと言ってもいいと思います。

 

トマトソースも、肉団子もやさしい味です。

トマトソースにもひき肉が入っているのかと思いましたが、どうやらほとんど肉は入っていませんでした。

 

香辛料が好きで、刺激の多いものをついつい食べる自分としては、やさしい人に出会って恐縮してしまうような感じでした。

 

”甘い”パスタソースが苦手な方は、これは「甘すぎる」と思うかもしれません。

刺激が少なめで、味もよく、クセも少ない、家族全員で安心して食べられる、肉団子も入ったボリュームのあるパスタソースです。

 

比較的食べやすいパスタソースだと思います。

回転備蓄の食品としてストックしておくのもいいでしょうね(^^)/。

 

 

さいごに

今回は生活クラブ生協「ポルペッティーニのパスタソース」(製造:エム・シーシー食品)についてお伝えしました。

刺激はあまりない、トマトベースの、食べやすい肉団子入りパスタソースです。

 

機会があれば食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!