【野菜】「新じゃが」の時期はいつ?じゃがいもの主な産地は?

【野菜】「新じゃが」の時期はいつ?じゃがいもの主な産地は?

「じゃがいも(馬鈴薯/ばれいしょ)」は、一年中手に入る、それほど高価ではない、身近な野菜です。

品種は、丸っこい「男爵(だんしゃく)」や細長い「メークイン」などが有名です。

最近は「キタアカリ」や「インカのめざめ」などもよく見かけます。

 

品種名ではないですが「新じゃが」という言葉もよく聞きます。

いつものじゃがいもではなく、新しいじゃがいもはみずみずしくておいしいですよね。

今回は「新じゃが」の出回る時期や主な産地などについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

じゃがいもはどんな野菜?

じゃがいも(ばれいしょ)は、ナス科ナス属の植物です。

原産はアンデスの高地です。

 

16世紀にヨーロッパに伝わり、日本では江戸時代にすでに入ってきていたそうです。

 

主な品種は「男爵(だんしゃく)」と「メークイン」です。

男爵のほうがゴロッとしており、煮崩れしやすいです。

メークインは細長く楕円形で、煮崩れしにくいです。

 

写真のじゃがいもは「男爵」です。

 

アンデス高地の原産の植物ということもあり、基本的には寒い土地の野菜です。

 

日本国内の主な産地は、圧倒的に北海道が多いです。

しかし、長崎や鹿児島などの九州産も多く、関東では北海道産も九州産もよく売られています。

 

<スポンサーリンク>

じゃがいもは産地によって植える時期や収穫時期が違う!

北海道では、春に植えて、秋口に収穫です。

 

長崎や鹿児島では、年に2回収穫があります。

冬に植えて、春の4月から5月に「新じゃが」が出回ります。

次に夏の終りに植えて、冬に収穫します。

 

植えてから3ヶ月から4ヶ月で収穫できます。

保存もききますので、通年出荷が可能になっています。

 

「新じゃが」の出回る時期はいつ?

いわゆる「新じゃが」は、春から初夏に出回るものを指すことが多いです。

なので、「新じゃが」という言葉そのものには、春から初夏のイメージがあります。

 

採れたばかりの「新じゃが」は、貯蔵されず、すぐに出荷されます。

なので、皮はうすく、みずみずしいです。

 

かなり新しいものだと、茹でたりふかしたりなどすると、皮も無理なく食べられることも多いです。

 

春の3月ごろから、鹿児島や長崎などの九州産が「新じゃが」として出回りはじめます。

日本国内で「収穫前線」は北上していき、「新じゃが」の時期は6月ごろまで続きます。

 

「新じゃが」は茹でるだけでもおいしい!「じゃがバター」などがおすすめ!

新じゃがはみずみずしく、皮は薄くてやわらかいです。

よく洗ってそのまま茹でたり電子レンジ加熱したり、というだけでおいしいです。

 

大きくて茹で上がるのに時間がかかりそうだと思った時は、私は半分に切って茹でてしまいます。

 

もちろん、ポテトサラダなど、結局はつぶす料理に使う場合はもっと小さく切ります。

 

今回はじゃがバターにしました。

塩も少々かけるとさらにうまみが増します。

 

ホクホクとしており、かつみずみずしく、味わいがよく、とてもおいしいです。

 

新じゃがを大きめに切り、パウンドケーキに入れたものを食べたことがありますが、これもかなりおいしかったです。

このみずみずしさは、新じゃがならではと思います。

 

味もよく、食感もよく、新鮮さも感じられ、シンプルな料理でも食べやすいので、新じゃがが出回る時期は毎年楽しみです。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「新じゃが」についてお伝えしました。

 

みずみずしくて新鮮な味のする新じゃがは、あまり手をかけずに食べるのが、個人的には好きです。

春から初夏にかけての、新鮮な新じゃがは毎年かなりおすすめですよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!