【くだもの】びわ(枇杷)の実の旬はいつ?主な産地は?

【くだもの】びわ(枇杷)の実の旬はいつ?主な産地は?

今回は「びわ(琵琶)」の実についてお伝えします。

びわの実は子どもの頃、よく近所の方からおすそわけでいただき、食べたものでした。

関東でも、庭に植えているお宅をよく見かけます。

 

くだものとして、お店で販売されるものは、手がかけられておりおいしいと思います。

お店で売られている時期や旬はいつでしょうか。

<スポンサーリンク>

びわ(枇杷)はどんな植物?

びわ(枇杷)は、バラ科の植物です。

今でも、多くのお宅のお庭に植えられているのを見かけます。

 

上の写真は、公園で6月に撮影したものです。

びわの実が実っているのがわかります。

 

ふつうに植えられているびわは、実るのはだいたい5月から6月のようです。

 

びわ(枇杷)そのものは、3000年も前から、病に効く植物として扱われていました。

現在もびわの葉をお茶にして飲んだりします。

 

<スポンサーリンク>

お店で販売されているびわの実の主な産地は?

びわの実の品種で多いのは「茂木」や、千葉県の「房州びわ」などです。

 

「茂木」は長崎県で多く作られています。

上の写真も「茂木」ですが、これは和歌山県で作られたものです。

 

びわの実全体の生産量は、長崎県が圧倒的に多いです。

他に千葉県、香川県、和歌山県などが続きます。

 

桃と同様、とても傷みやすいくだものです。

なので、扱いがむずかしく、お店で売られている場合はなかなか高価です。

 

私が購入したびわの実も、プチプチでたいせつに包装されていました。

 

びわの実の旬はいつ?

びわの花は、11月から2月に咲きます。

そして、春に実がなります。

 

害虫や葉とこすれることを避けるため、実に袋をかけたり、必要に応じて枝を切ったりと、巡回して世話をするそうです。

 

びわの実の旬は初夏です。

最も食べごろなのは、5月から6月です。

お店に多く出回るのも、5月から6月です。

 

現在はハウス栽培を行うところもあります。

早くて1月ごろ、というのですごいですね。

 

3月ごろからは、ハウスものはけっこう出回るそうですよ。

 

びわはどうやって食べる?

びわは、皮をむいて、中の種を取り除いて食べます。

 

皮はヘタとは反対の「底」のほうから、ヘタへむかってむいていきます。

手でむくことができます。

バナナの皮をむくのに似ているところがあります。

 

ナイフなどで、縦半分に割りますと、種が出てきます。

種は食べられませんので取り除きます。

 

縦半分に割って種を出さずに、そのまま食べながら種を取ってもいいと思います。

 

ほんのりと甘く上品な味わいで、ジューシーです。

独特の旨みと香りがあり、ついついたくさん食べてしまうおいしさです(^^)/。

 

  

びわはとても傷みやすいです。

そして、追熟させて食べるものでもありません。

 

買ったらできるだけ早く食べましょう。

できるだけ新しいほうがいいのですが、もしイタミを見つけたら、そこは取り除いて食べましょう。

 

冷蔵庫保管もむいていません。

びわは、買ってきたら常温におき、できるだけその日か次の日くらいに食べるのがおすすめです。

 

種のまわりに、なんとなく食べにくい「膜」のようなものを感じることがあります。

ここは取り除くか、ミカンの房の薄皮のように、食べて気になるようなら口から出すのがいいと思います。

(食べてしまっても、害になるわけではありません。)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

平八 味結美 びわシロップ漬(固形量:420g/内容総量:950g)
価格:1380円(税込、送料別) (2021/6/22時点)

 

 

かなりたくさんびわの実を手に入れた場合は、ジャムやシロップ煮にして、冷蔵庫保管が可能です。

シロップ漬けも市販されていますので、時期でなくてもびわを食べることができます。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「びわ(枇杷)」についてお伝えしました。

甘さはほんのりとしており、上品な味わいの、おいしいくだものです。

 

高級なものもあり、贈答品としても喜ばれます。

 

あまり日持ちしないので、手に入ったらできるだけ早く食べきるのがおすすめです。

また、バラ科の植物の実なので、アレルギーのある方はご注意くださいm(_ _)m。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!