【魚】豆アジと一緒に紛れていた新鮮な小さなサバを食べてみました!!(関連:未利用魚)

【魚】豆アジと一緒に紛れていた新鮮な小さなサバを食べてみました!!(関連:未利用魚)

ある日、まとまって売られていた「豆アジ」に同じくらいの大きさの小さなサバが入っていました。

見つかったらよけられて、捨てられていたかもしれない魚です。

 

豆アジの選別のとき、偶然入り込んで売られていたものと思われます。

捌いた魚のお腹に入っていたわけでもなし、新鮮そうなので食べてみました(^^)/。

<スポンサーリンク>

豆アジと同じくらいの大きさの小さなサバ!

豆アジのなかに、しらっと混ざっていました。

とてもかわいらしい、豆アジと同じくらいのおおきさの、ちいさなサバです。

もちろん、幼魚です。

 

豆アジの選別のときに、気づかれずに混ざり込んだものと思われます。

 

豆アジくらいの大きさのアジは、飲食店では敬遠され、なかなか利用がされにくいそうです。

小さなアジは「未利用魚」として廃棄されることも多いとか…。

 

それでも豆アジは商品として売られているものをけっこう見ます。

こんな小さな生のサバはさすがにスーパーでは見かけません。

 

捨てられる運命だったのが、お店で売られ、誰にも気づかれずに我が家まで来たことになります。

魚のお腹から出てきたわけでもないし、新鮮そうなので食べてみようと思いました。

 

<スポンサーリンク>

豆アジに混ざっていた「豆サバ」は頭を落として唐揚げに!!

体長10センチほどでした。

目がくりっとしていて、かわいらしいサバです。

 

豆アジならば、頭は残してエラわただけ取りますが、さすがにサバは頭はおとしました。

いちおう避けておいたほうがいいかな、と思いました。

 

頭は落とし、ワタを出し、イワシのように手開きにしてよく洗いました。

小さい魚なので柔らかかったです。

 

水気を拭き取り、片栗粉をまぶし、豆アジを揚げたあとに、さいごに揚げました。

 

いちばん手前のものが、体長10センチほどの小さなサバの「唐揚げ」です。

さすが味のいい青魚、この唐揚げは非常に美味でした。

 

骨も気にならず、尾びれ以外はまるごと食べられました。

 

おいしくいただきましたm(_ _)m。

数日経っても特にお腹に異常はありませんでした。

 

こういうめぐり合わせはすごく面白いです。

この出会いを求めて、また豆アジがざっくりと入ったパックを買ってしまいそうです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は豆アジに紛れ込んでいた「豆サバ」についてお伝えしました。

鮮度を自分で確認し、自己責任で食べましたm(_ _)m。

 

今回はさすがにサバ以外のなにものでもなかったので食べました。

魚種がわからない、あまり鮮度がよくなさそう…という場合は、もちろんやめておいてください。

 

魚のことをまだまだ勉強中ですので、今回はその「勉強」のためにも食べてみました。

「未利用魚」についてはできる限り利用していきたいと思っています(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!